Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

Web担当者がWordPressでブログを作成するときに選ぶべきオススメのテーマ5選


WordPressのシェアは世界中のWebサイトの約60%を占めると言われています。ブログやメディアを運営するならWordPressでテーマを入れることがオススメです。WordPressはカスタマイズ性の高さから導入するテーマによって何倍にも良いサイトに変化させられる素晴らしいツールです。だからこそテーマ選びは慎重に確実なものを選んでいきましょう。

さて、今回の記事は、

・仕事でWordPressでブログを立ち上げることになったけど良いテーマはないかな?
・有料テーマでもいいからカスタマイズや設定がシンプルなテーマを探している。
・運営やメンテナンスが楽なテーマを知りたい!
・SEOに強くアクセスが集まりやすいテーマはあるの?

こんなお悩みを持つあなたに向けて、この全てを解決できるウェブ担当者にオススメのWordPress有料テーマをご紹介します。

 

WordPressでブログを作るなら有料テーマをオススメする理由

WordPressのテーマは無料と有料の2種類があり、さらにそれぞれ日本製か海外製か分かれています。現在の無料テーマはデザインも比較的良く、一見無料のテーマでことが足りると思われる方もいるかもしれません。しかし無料テーマは

・機能制限がある
・使いこなすのに時間がかかる
・アップデートがない

などのデメリットがあります。その点有料テーマは最初から機能性が高く、そのまま導入して特にカスタマイズをしなくても問題なく使いこなせる便利さがあります。具体的にメリットをご紹介していきます。

 

1.高い機能性があり自分でカスタマイズする必要がない

WordPressはテーマによって管理画面が異なります。機能性が高い有料テーマならHTML・CSSの知識がなくても管理画面上のみでサイトのカスタマイズや機能の追加ができます。そのため、扱いやすくカスタマイズに時間を掛けたくないあなたに最適です。

無料テーマだと管理画面でできることが限られるので、カスタマイズがしたいなら自分でプログラミングをして設定を追加する必要があります。変にデータを変えてしまうとサイト自体が修復不可能になる場合もあるので、注意が必要です。

 

2.SEO対策されている

有料のテーマには強固なSEO対策が設計されているものも多くあります。WordPressはプラグインというシステムで様々な機能を追加できるのですが、プラグインを入れなくてもテーマ内でSEO対策がされている場合もあり、サイトが重くならずに済むメリットもあります。具体的なSEO対策とは

・コーディングが適切
・SNSシェアボタンがある
・ページの読み込みが早い
・レスポンシブ対応(スマホ対応)
・デザイン性

などのことです。これらがしっかりと対策されているのが有料テーマの特徴になります。

 

3.デザインがオシャレ

ユーザー視点でコンテンツがわかりにくかったり見た目が悪いものはそもそもアクセスされないか数秒で直帰されてしまう可能性が増えてアクセス数に関わる部分です。

有料テーマにはデザイン性が高いものが多く、ユーザーにとっても見慣れた配置になっているので、安心してコンテンツの中身に集中できます。

 

ブログ運営にオススメのWordPress有料テーマ5選

WordPressでブログを作成するときにオススメできる有料テーマを厳選して5種類ご紹介します。今回ご紹介するテーマは全て日本製の有料テーマです。設定画面も日本語に対応しているのでご安心ください

 

 1.STORK

出典:open-cage.com

現在のトレンドに合わせてモバイルファーストを重視しているテーマです。Google検索でもアルゴリズムのアップデートでモバイル対応(スマホ対応)しているサイトが上位に表示されやすくなったので、テーマ自体がモバイルファーストになっている設計は有難いです。

 

特徴

見た目のインパクトや印象を抑えて、見やすさや使いやすさにこだわられたデザインなので、時間を掛けずに質の高いサイトを制作できます。ブログマーケッターの「JUNICHI」氏と質の高いテーマを数多く揃えた「OPENCAGE」社が開発しているテーマですので、信頼と実績のあるテーマです。

 

価格

¥10,800(税込)

「STORK」はWordPressテーマの中では平均的な価格ですが、1回の購入で1サイトにのみ使用できます。つまり、新しくサイトを作成した場合はテーマを再購入する必要があります。

 

このような人におすすめ

・とにかくデザインを綺麗にしたい人
・モバイルファーストにこだわりたい人

「STORK」は特にデザインとモバイルファーストに力をいれています。ターゲットがスマホからの流入が多い場合、アクセスアップや離脱率を下げないようにサイトデザインで対策をしたい方におすすめできるテーマです。

>STORKの詳細を見る

 

2.賢威

出典:masaboo.cside.com

SEOに特化したビジネス向けのレスポンシブ対応のテーマです。最大の特徴はその圧倒的なSEO効果アフィリエイターやブロガーから支持されている理由は、最新のSEO対策を盛り込んだアップデートを頻繁に行う信頼があるからです。

 

特徴

一度購入すれば、アップデート料金はかからないので長い期間使用できるのも特徴です。11年間販売とアップデートを続けてきた実績があるので、今後のサポートにも安心できるでしょう。またテンプレートのパターンも複数あり、

・ブログ
・コーポレートサイト
・Webメディア

として幅広い運用ができるのも魅力です。マニュアルや説明動画がパックになっているので、WordPress初心者にも扱いやすいテーマとして人気を得ています。

 

価格

¥24,800(税込)

「賢威」はWordPressテーマの中では非常に高額です。しかし常にアップデートし続けており、Webコンテンツ作成やSEOのマニュアルがセットになっているので、一概に高いとは言えないでしょう。

 

このような人におすすめ

・SEOに力を入れたい人
・テーマを買い直したくない人

SEOにこだわったサイトにするなら「賢威」がおすすめです。常に最新版に更新される仕様から、他のテーマと比べて情報が古くなったから買い直すといった手間が減るので、一度買ったテーマを長く使いたい人におすすめです。

>賢威の詳細を見る

 

3.DIVER

出典:tan-taka.com

バージョンアップを繰り返し、徹底的にSEO対策に力を入れている進化していくWordPressテーマです。こちらもHTML・CSSの知識がなくてもカスタマイズできる仕様で、直感的に管理画面を操作してサイトレイアウトを変更できます。

 

特徴

開発者は全員がメディア運営経験のあるプロフェッショナルなので、痒い所に手が届く設計やデザインになっており、選んでおけば間違いないテーマです。常にバージョンアップをするためにユーザーの声を大事にしているようで、直接メールで問い合わせて、無制限でサポートをお願いできます。わからないところは直ぐに解決できるのも魅力です。

 

価格

¥17,980(税込)

「DIVER」はWordPressテーマの中では高額なテーマですが、プロフェッショナルの開発陣の信頼性とテンプレートの幅広さから、値段の高さを忘れさせる仕様です。

 

このような人におすすめ

・デザインにこだわりがある
・テーマを買い直したくない人

「DIVER」はデザイン性の高さと「完成予定は未定」を公言しているように常にアップデートしていくスピード感があります。量産サイトではなく質の高いサイトをこだわって作っていきたい人におすすめです。

>DIVERの詳細を見る

 

4.COLORS

出典:digipress.info

ブログに限らずメディア運営にも使いやすいデザインのテーマです。名前のとおりサイトカラーのバリエーションを多く選択できます。他のテーマよりいち早くスマホ対応に乗り出しただけあって、PCと変わらないレイアウトの統一感を持ったスマホ専用テーマに自動的に表示してくれます

 

特徴

アクセントカラー変更の選択肢の多さやアニメーションをつけられることが特徴です。カラーにこだわった仕様であり、さらにヘッダー画像も直感的に操作して編集できます。サイトを始めると悩むポイントであるヘッダー画像を気軽に管理画面から編集できるのは大きなメリットです。

 

価格

¥6,680(税込)

「COLORS」はWordPressテーマの中では安価格ですが、1回の購入で1サイトにしか使用できません。複数のライセンスを同時購入すれば割引になる特典があります。

 

このような人におすすめ

・サイトデザインのカラーにこだわりたい人
・おしゃれなサイトを簡単に作成したい人

「COLORS」の名前のとおり、カラーにこだわった仕様や管理画面になっています。コードを書き込む必要がないため、WordPress初心者でもサイトデザインにこだわれるのでおすすめです。

>COLORSの詳細を見る

 

5.MAG

出典:design-plus1.com

数々の有料テーマを出している「TCD」のブログ向けテーマです。収益化を意識して広告配置や使いやすい管理画面の設計がされており、アクセスと収入アップに公演してくれます。デザインもシンプルながら拡張性の高いレイアウトができるので、ブログ内の回遊率を高められます。

 

特徴

「MAG」はテンプレートとして完成されていて、とくにカスタマイズをせずにすぐに扱うことができるのが特徴です。広告設定やサイトカラーの変更も専用の編集画面があるので、使い方を調べる時間を取られずにサイトを作り上げられます。

 

価格

¥10,980(税込)

「MAG」はWordPressテーマの中では平均的な価格で、テーマの他には解説マニュアルとよくある質問集がついてくる親切な仕様です。

 

このような人におすすめ

・WordPress初心者
・手間をかけずにサイトを作りたい人

「MAG」はWordPress初心者でも扱いやすい管理画面と記事編集画面になっているため、手間をかけずにサイトを作り、コンテンツ作成に力を入れたい人におすすめです。

>MAGの詳細を見る

 

ブログ運営ならWordPressでテーマを導入しましょう!

さて、長くなってきたのでまとめます。WordPressにオススメの有料テーマは、

・STORK
・賢威
・DIVER
・COLORS
・MAGJAM

の5つでした。どのテーマも

・コーディングが適切
・SNSシェアボタンがある
・ページの読み込みが早い
・レスポンシブ対応(スマホ対応)
・デザイン性

を満たしている高性能かつ使いやすいものになります。無料のテーマも良いですが、時間の節約とカスタマイズ性の高さから有料テーマを入れて、節約した時間で記事作成をした方が早くメディアが育つでしょう。テーマをご紹介しましたが、大切なのはコンテンツの中身です。いくらSEO対策をして見た目が良くなってもユーザーに役立つ情報がなければ、アクセスや収益アップに繋がりません有料テーマで本格的なWordPressサイトを作って、コツコツとブログを育てていきましょう!


お問い合わせ

本記事内容や「wordpress」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら