Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

フリーランスとは?フリーランスになるためにするべきこと


 

フリーランスやリモートワークなどが注目され、働き方改革のもとに様々な人が「働き方」への関心を改めて高めています。新しい「働き方」を知ることで本業と相乗効果を生み出したり、フリーランスとして働く気持ちが芽生えたり、仕事の発注先としてフリーランスが選択肢に入るかもしれません。

さて、今回の記事は、

・フリーランスに興味がある

・仕事を辞めたから個人で仕事を請け負ってみたい

・フリーランスになれる職種を知りたい

こんなお悩みを持つあなたに向けて、フリーランスの説明と、フリーランスになるにはどうしたらいいのかをご紹介します。

 

パラレルワークとの違いは?フリーランスとは

フリーランスは「特定の企業や団体に所属をせずに自身のスキルや経験を生かして報酬を得ている人」のことです。会社との雇用関係はなく、プロジェクト単位で業務契約を結んでいて個人の名前で活動しています。経営者や開業した個人事業主、または開業届を出さずに働く事業形態など様々です。

一方、パラレルワーカーとは「本業以外の副業でキャリアを複数に分散している人」のことです。会社勤めの方だけかと思われますが、フリーランスでも専業ではなく複数の職種や職務で仕事をする方もパラレルワーカーと呼ばれます。

そのほかにはリモートワーク・テレワークという言葉もよく聞くかと思います。こちらは「Webサービスやネット環境を使って自宅やカフェなど会社以外の場所で働く働き方」のことです。政府も推進している働き方で導入を進める大手企業も出てきています。

いずれも、ライフスタイルの変化やぞれぞれのキャリアパスに柔軟に対応できる働き方として注目されています。

 

フリーランスの代表的な職種

フリーランスとしての職業をおおまかに3つに分けると、

クリエイティブ

ビジネス

職人

の3つになります。

以前はフリーランスというとクリエイティブ=ライターやデザイナーなどが多く、営業や企画といったビジネス系、美容師やスタイリストといった職人系の職種ではフリーランスとしての働き方は難しかったようです。現在はシェアリングエコノミーの普及で個人のスキルをシェアするクラウドソーシングサービスを提供するプラットフォームも増え、フリーランスとして独立できる職種の幅も広がってきています

そのなかでフリーランスとして代表的な職種を3つ紹介していきます。全てWeb系の仕事なので、初期投資を少額に抑えて勉強できることがメリットです。作品の発表などのアウトプットがしやすいのも特徴になります。

❐ Webライター

出版社やWebメディアの運営会社などから依頼を受けて記事の執筆をWeb上で行うのがWebライターの仕事です。企画提案〜取材〜執筆まで全てを行う場合もあります。宣伝文を書くコピーライターや対面の取材を行うインタビューライターなど、様々な業務形態があるのが特徴です。ライターとして経験を積み、編集者としてライターをまとめるポジションにシフトする人もいます。業務委託の仲介をするプラットフォームの普及により、気軽に始めて独立する方も増加傾向にあります。

❐ Webエンジニア

Webサイトを作成したりWebサービスを開発するフロントエンドエンジニアからシステム設計などを行うバックエンドエンジニアなど、一口にWebエンジニアといっても様々な種類があります。プログラミングスクールや学習サービスの普及でプログラミング学習のハードルも下がっているので、未経験から始めることもできます。特にWebサイト制作はまだ参入のチャンスがあので、まずは学習してみると良いでしょう。

❐ Webデザイナー

Webサイトやバナー広告などのWebデザインを行う仕事です。デザインだけでなく、プログラミングやグラフィックデザインができる方もいます。Web系の仕事をしているならデザイナー職でなくとも、デザインの業務を兼ねたり知識が役に立つこともあります。デザインの知識は学んでおくと応用できて便利です。

 

フリーランスになるならプラットフォームを活用しよう

フリーランスとして仕事をするなら、まずは様々なプラットフォームを駆使して、制作物や自分のスキルと知識を販売することをおすすめします。ここからは、フリーランスに適したプラットフォームをご紹介していきます。

 

クラウドソーシングサービスを使う

スキルや実績がない状態からでも始めやすく、様々な種類の仕事にチャレンジできるのでフリーランスの最初の実績作りに適しているのが以下のようなクラウドソーシングサービスです。

❐ クラウドワークス

出典:https://crowdworks.jp/

最も有名なクラウドソーシングサービス。案件も豊富で最初の実績づくりにオススメです。

❐ ランサーズ

出典:https://www.lancers.jp/

使いやすいフォームとフリーランス向けサービスの展開やリアルイベントの多さが魅力です。

❐ ココナラ

出典:https://coconala.com/

各自のスキルやできる仕事内容を登録して、そのスキルや仕事を必要としている人が検索するスキルの売買サイトです。需要が大きければ待っているだけで依頼がきます。

エージェントを使う

仕事の値段交渉や交渉面を代行してくれるサービスです。転職エージェントのフリーランス版になります。すでに高いスキルがある人や、キャリアが豊富なミドル世代向けの案件が多いことが特徴のひとつです。

❐ サーキュレーション

URL:https://www.circu.co.jp/personal/

プロフェッショナルなビジネス系フリーランス向けの紹介が中心のサイトです。企業で働く30〜40代の方が活躍できるような案件を多数紹介しています。

❐ レバテックフリーランス

URL:https://freelance.levtech.jp/

エンジニア特化型のエージェントになります。常駐〜リモートまで幅広い案件に対応しているので、エンジニアで独立を目指す方は登録しておくと良いでしょう。

チームに参加したり、弟子入りをする

すでに活躍している人のアシスタントとして何かを学んだり、大きなプロジェクトにチームの一員として参加する方法など、ここで紹介するのは今後成長が予想されるプラットフォームです。

❐ チームランサー

URL:https://teamlancer.jp/

チームでプロジェクトを立ち上げたり、困っている案件を共有したりできるフリーランスチームのサービスです。会社とは違った新しい形態の組織として、まだまだ発展途上ですがじわじわと登録者数も増えてきています。

❐ オンラインサロン

URL:https://camp-fire.jp/

Web上で展開される主催者を中心としたグループ、ファンクラブがオンラインサロンです。自分の好きな人、気になる人、尊敬する人のオンラインサロンに入ることは弟子入りと似ているかもしれません。有料と無料の両方があり、サロンによって全くやり方が異なります。サロン内でプロジェクトを起こして実績としたり、有償で仕事が集まることもありますので、まずは試しに無料のサロンに入ってみると良いでしょう。オンラインサロンは主催者が個別で募集している場合が多いですが、クラウドファンディングサイトである「CAMPFIRE」では現在オンラインサロンやイベント集客も行なわれています。

❐ SNS

TwitterやFacebook経由で仕事を募集している方を探すこともできます。ただし個人間でオンライン上のやりとりになることが多いので、リスク管理をしっかり行う必要があります。

フリーランスは目的ではなく、あくまでも手段です

さて、長くなってきたのでまとめます。

フリーランスの代表的な職種は、

・Webライター

・エンジニア

・デザイナー

の3つでした。

そしてフリーランスの仕事のプラットフォームとしては、

・クラウドソーシング

・エージェント

・チーム参加や弟子入り

などがあります。

自分が何をしたいのか、どうような働き方をしたいのかを明確にし、フリーランスやパラレルワーク、リモートワーク、もちろん従来の働き方も含め自分に合った働き方を選択してください

 


お問い合わせ

本記事内容や「これからの働き方」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら