Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【ブツ撮りのライティング】自宅で簡単に撮影環境を作ろう


ネット販売する商品やWebサイトに掲載する物を撮影するブツ撮り(物撮り)ですが、自宅で上手く撮影するのは難しいと思われている方もいるのではないでしょうか。しかし、ブツ撮りはコツを掴めば何倍も上手く撮影できます。まずは自宅の環境を整えることから始めましょう。ブツ撮りに最適な環境について知れば、自分のサービスや商品の売上アップに繋がるので、売上拡大を図りたい方にオススメです。

さて、今回の記事は、

・ハンドメイド製品を作っているけど上手く写真が撮れない

・自宅で撮影したけど、暗くてパッとしない写真になってしまう

・だけど自宅以外に撮影する場所がない

このようなお悩みを持つあなたに向けて、ブツ撮りのコツと環境構築の仕方を解説します。

 

ブツ撮りに適した撮影環境は「自然光」が入る場所

ブツ撮りには光が最も重要ですので、自宅の場合は日当たりが良い部屋や南向きの部屋で撮影しましょう。光といってもただ直射日光が当たればいいわけではなく、光が安定して入ってくる場所を見つけられるのがベストです。

時間帯によっても光は変化するので、

・午前は東南から光が入る窓がある

・午後は南西から光が入る窓がある

こういう部屋を選ぶとより効果的な写真が撮れます。さらに具体的な自然光を活かす方法をご紹介していきます。

 

光の向きを意識する

ブツ撮りでは立体感も重要になります。どこから光を当てるかによって被写体の見え方がまるで変わってきます。光の当て方は被写体(商品)の魅力をより引き出し、購買に繋げやすくなるためにかかせないものになります。光の向きについての解説は「写真撮影で重要な光の当て方のコツとは?「逆光・順光・斜光」の活用方法」という記事で詳しく紹介しています。ここでは、簡単に光うの種類とブツ撮りをする上での向き・不向きを説明します。

①逆光

被写体の背後から光が当たっている状態です。背景が白く明るくなるので、ブツ撮りでも使いますが手前側は暗くなるのでレフ板を使うと綺麗に撮影できます。

②順光

被写体の正面から光が当たっている状態です。明るく被写体を撮れますが、立体感に乏しくなります。ブツ撮りでは立体感を出して商品を綺麗に見せることが目的なので、順光は適していません。

③斜光

被写体の前方斜めから光が当たっている状態です。明るく見えつつ程よく立体感も出るので、良い光の向きとされます。しかしブツ撮りでは反対側の光が弱くなり、コントロールしにくい部分なのであまりオススメしません。

サイド光

被写体の真横から光が当たっている状態です。ポートレートなどでは使うことは少ないですが、体感が最も強くなるためブツ撮りで多用される光の向きです。

 

 カーテンやシーツで光を調整する

光の向きと同様に光の強さもブツ撮りで重要な要素です。例えば、晴れた日に光が強すぎる場合や西日が強い時間帯は窓にカーテンやシーツをかけると良いです。カーテンやシーツがブラインドになって、光が柔らかくなります光の強さが被写体にどう作用するのか判断しやすくなるので、一度試してみることをおすすめします。

 

 自然な並べ方をする

基本は「自然に見えるように並べること」で被写体と光の良さを引き立てます。

変化を少し持たせるのがコツで、

・わざと崩して並べる

・斜めに配置する

・くの字やS字を意識する

・縦に積み上げてみる

などさまざまなことを試してみてください。奥行きを意識して、被写体が画面を超えてさらに広がっていくイメージを持つと撮影しやすくなります。

 

ブツ撮り環境のつくりかた

自宅で撮影する場合には、良い光が入ってこなかったり、撮影する環境が整っていない場合もあるかもしれません。しかしそういった撮影環境は少しの工夫ですぐに改善できますその方法をご紹介していきます。

 

 背景を整理して生活感を排除する

自宅に専用のスタジオを作ることは難しいですが、商品の周辺や写る部分を片付けて撮影してみましょう。シンプルな背景で撮影した方が被写体が強調されたインパクトがある写真になります。同じく被写体自体の値札や汚れなどを取っておくと効果的です。

 

 白い布で覆う

背景は綺麗な壁を使ってみましょう。良い背景になりそうなものがない場合は、真っ白い布を使って背景を作り出す手段もあります。白い布で背景を覆ってしまえば、自宅が手間いらずで簡易的な撮影スペースに変身します。ただし折角の綺麗な背景が台無しになるので、布のシワや汚れには注意しましょう。

 

 レフ板を使う

レフ板を使えば光を反射させて、暗い部分を明るくできるので、ブツ撮りをする方は一つ持っておくと便利です。逆光の写真でも、ふんわりした写真を仕上げられるので被写体の魅力を底上げできます。

 

ブツ撮りは撮影環境が最も大事です

ブツ撮りのコツは「自然光が入る場所で撮影すること」でした。自宅で良い撮影環境がなくても、工夫次第で良い環境を構築できます。撮影環境を整えば、自分のサービスや商品の魅力を引き出すことはグッと簡単になるので、まずは簡単ものから始めると良いでしょう。ブツ撮りは始めるとどんどん楽しくなってくるものです。撮影を楽しみながら写真を作り上げていってみてください。

 


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら