Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【入門編】営業が苦手なフリーランスが『継続的な顧客獲得』を成功させるための3つの方法


フリーランスのデザイナーやカメラマンとして独立したけど、案件がなかなか受注できない…

こんなお悩みを抱えるフリーランスは少なくないはずです。「でも、営業は苦手だし、自分はクリエイターだからする営業はやるべきではないはず!」と考えて、仕事の依頼をただただ待ってませんか?もちろん、飛び込み営業をやるべきだ!と言っているわけではありません。ただ、せっかく目の前には世界中に繋がるWebが広がっているのに、Web上のさまざまなツールを駆使して集客(=営業)をしないのは、せっかく才能のあるクリエイターのみなさんにとって、機会損失になりもったいないと思うのです。

そこで、今回の記事では、

・営業が苦手だし飛び込みはやりたくない
・Webを上手に使って仕事の依頼を受けたい
・企業だけではなく個人からも仕事を受けたい

このようなお悩みを持つフリーランスのあなたに向けて、現役フリーランサーが『営業が苦手でも継続的なWeb集客ができる3つの極意』を解説していきます。

 

フリーランスがWeb上でも集客すべき理由とは!?

フリーランス全てに言えることですが、仕事を受注するための営業活動や集客は避けて通れない道です。

飛び込み営業をせずに何をすべきかとかいうと、Web上のさまざまなツールに自分の営業マンとして働いてもらえばいいんです。

こちらから文章やサービスを提示してWeb上に載せておけば、顧客が勝手に検索してあなたのサービスに辿り着いてくれます。そして、検索から辿り着いた顧客の需要とこちらの供給するサービスがマッチすれば申し込みをしてくれるのです。もちろん、検索されやすくする細かいコツや使用するツール、プラットフォームの選び方も重要な戦略になります。Web集客なら、自分を押し出すゴリゴリの営業が苦手でも、上手に活用すれば自然と仕事が受注できる人気のフリーランスになれます。筆者も写真の実績をまとめたサイトとブログサイトを運営しており、Web上で集客できた実績があります。

そしてその時に感じたWeb集客のメリットはこの3つです。

・仕事の受け口が広がる
・信頼度が上がる
・ポートフォリオや実績を見せやすい

では次はこの3つを順番に見ていきましょう。

 

【Web集客のメリット・その①】仕事の受け口が広がる

Webと現実の違いは、通常自分が出会えないジャンルの人や遠い場所に住んでいる人とも交流できることです。自分の作品を企業だけではなく個人に対しても届けられるので、仕事を受ける範囲が飛躍的に拡大します。

 

【Web集客のメリット・その②】信頼度が上がる

情報を発信しているということはコンテンツを提供する側になったという意味なので、質が良いものを発信すれば信頼度も上がります。例えば、専門知識のノウハウなどを書いたブログがあります。信頼度が高い情報を発信していれば、仕事を頼むことを考える人も増えてくるでしょう。自分の専門性をアピールできるので、依頼側も頼みやすくなります。

 

【Web集客のメリット・その③】ポートフォリオや実績を見せやすい

フリーランスは自分の仕事実績や作品を見られるWebサイトを持っておくことが重要になります。顧客に「仕事を任せたらどんなメリットがあり、どんな作品が仕上がるのか」イメージしてもらえます。申し込みフォームを用意しておくことで、直接Web上から集客することもできるのです。

 

フリーランスにおける3つのWeb集客方法

フリーランスの懸念材料は仕事が受注できないと収入が不安定=生活が安定しないことが悩みの本質です。安心して働き続けるためにも、「全てのフリーランスに共通するWeb集客の方法」を3つご紹介します。

 

1.ポートフォリオサイトの開設

フリーランスにとって特に重要な『ポートフォリオサイト』を開設しましょう。ポートフォリオサイトを作れるツールやサービスは数多くありますが、オススメは「WordPress」です。Webサイトを無料で作成できるサービスで、世界中のWebサイトの60%がWordPressだと言われているぐらい高いシェアを誇ります。作成までの情報がWeb上に多数上がっているので初心者でも作成しやすいです。筆者もサイト制作初心者の時に作りましたが、独学で問題ありませんでした。

WordPressについては「【WordPress】徹底解説!なぜWordPressがウェブ担当者に選ばれるのか?」という記事で詳しく解説しています。

ポートフォリオサイトは、自分がどんな思いで仕事に取り組んでいるのか表現できます。商談の際に顧客に自分のサイトを見せながら説明できますし、URLを共有して事前に見てもらうこともできるので、自分の仕事の価値を高める手助けをしてくれるでしょう。

 

2.ブログを書く

情報発信のためにブログを書く方法もあります。ブログの強みは「Googleで検索される」ということです。

検索順位の上位に表示させるSEOの仕組みを理解すれば、悩みを解決したい読者が自分のブログに集まってきます。検索で集まってくる人は何らかの悩みを解消したい人なので、その悩みを解決できるサービスを提供していれば仕事に繋がりやすくなります。直接サービスに訴求しなくても専門的な知識を発信する、カメラマンなら写真の撮り方のコツなどを自分の撮影写真とともに載せれば、撮影依頼が来る可能性もあります。ただし、必ずターゲットやコンセプトは明確にしましょう。

あなたらしさが詰まった独自のコンテンツを配信していれば、ブログが立派な営業マンになります

 

3.SNSで告知する

自分のブログやポートフォリオサイトの集客効果を何倍にも増幅させる可能性を秘めているのがSNSです。

投稿が不特定多数にシェアされる「バズ」を起こせれば、一気に知名度と潜在顧客を集めることができます。必ずしもフォロワーが多くなくても拡散される場合もありSNSで情報を集めている顧客層にリーチできるのもメリットです。さらにイベントや講演の告知を行えば、全くあなたのことを知らない人でもシェアや拡散の効果で集客できます。フリーランスカメラマンなら、SNSで発信しない手はないです。SNS上で仕事を募集している企業や個人の方もいるので、アンテナを張っておくと思わぬところから仕事が受注できるかもしれません。

 

Web集客を始めよう

多くのフリーランスの悩みを解決できる手段は「Web集客をすること」でした。安心して働き続けるためには準備と対策が大切です。Web集客を続けていれば、安心して新しいことに挑戦できます。最初は時間がかかるかもしれませんが、質の高いコンテンツを揃えれば、Webは優秀な営業マンになってくれます。まずは投資と考え時間を作ってみることをオススメします。コツコツ集客のタネを蒔いて、安定して仕事を続けられる環境を整えていきましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「集客」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら