Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【WorkHack】劇的に作業効率が上がる、デザイナーなら知っておくべきPhotoshopショートカット5選


デザインをするうえで、画像を使用することがあります。時には画像の一部を切り抜くこともあるでしょう。
しかし画像の切り抜きは、素材によっては複雑で面倒です。作業の手間をできるだけ減らし、きれいに手早く済ませたいものですね。そのためには、デザイナーはその素材に合った切り抜き方法を選ぶことが大切です。
この記事では、フォトショップによる画像切り抜き技を、素材の特徴別に5つご紹介していきます。

 

コントラストがはっきりしている画像

コントラストがはっきりしている画像の切り抜き技をご紹介します。
こういった画像は比較的少ない手順で簡単に切り抜くことができます。

 

1.自動選択ツール

1.まずは画像が背景レイヤーであるかを確認してください。
背景レイヤーである場合は、そのレイヤーを右クリックし「背景からレイヤーへ」を選択してください。

2.左のツールバーから「自動選択ツール」を選び、切り抜きたい部分の1箇所をクリックします。
すると繋がっている同じ色部分が全て選択されます。

3.切り抜きたい部分が選択範囲として作成されたら「編集」から「消去」を選ぶと完成です。

 

2.色域指定

1.メニューの「選択範囲」から「色域指定」を選びます。
すると色域指定ダイアログボックスが出ます。

2.ダイアログ内の右側にあるスポイトアイコンの内、一番左のスポイトアイコンを選択します。
このスポイトは同じ色域をまとめて選択することができます。
上の月の画像であれば黒い箇所をクリックすることでまとめて黒い部分が選択範囲として作成されます。

3.許容量を設定できるスライダーがあるので調整してください。
許容量が大きい程広い範囲、小さい程狭い範囲になります。

4.「編集」から「消去」を選ぶと完成です。

 

切り抜きエリアがはっきりしている画像

背景に複数の色が混ざっていて自動選択ツールや色域指定が使えない画像です。
しかし切り抜きエリアがはっきりしています。
こういった画像は少し手間がかかりますが、自由な形で切り抜く方法を選びます。

3.ペンツール

1.左のツールバーから「ペンツール」を選択します。
ペンツールを選択すると作業ウィンドウ上部に詳細設定が現れるので「パス」を選択してください。

2.切り抜きたい部分に沿ってクリックし、アンカーポイントを繋げます。
パスの追加時にドラッグすると曲線を描くこともできます。
この時のポイントは「切り抜きたい部分の境界より少し内側をマークしていく」ということです。
そうすることにより、よりきれいに切り抜くことができます。

3.パスが繋がったらメニューの「ウィンドウ」から「パス」を表示させます。
「作業用パス」が作成されているので、ウィンドウ下にあるアイコンの中から「パスを選択範囲として読み込む」をクリックします。
(アイコンの上にカーソルを持ってくるとアイコンについての説明が表示されます)

4.選択範囲が作成されたら、メニューの「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選びます。

5.「編集」から「消去」を選ぶと完成です。

 

髪の毛など複雑な切り抜きが必要な画像

人の髪の毛や動物の毛などペンツールでは切り抜くことが難しい画像です。
毛のふわふわした部分を上手く切り抜くのは難しそうに思えますが、フォトショップの機能とテクニックを使えばきれいに切り抜くことができます。
背景と切り抜きたい部分のコントラストがはっきりしている場合は「チャンネル設定」、背景が複雑な場合は「境界線を調整」で切り抜きましょう。

4.チャンネル設定

1.メニューの「ウィンドウ」から「チャンネル」を表示させます。
そしてレッド・ブルー・グリーンの中から最もコントラストの強いチャンネルを選びます。

2.選んだチャンネルを選択した状態で、ウィンドウ内のオプションから「チャンネルを複製」を選択します。
すると選択したチャンネルのコピーが作成されます。

3.メニューの「イメージ」から「色調補正」の「レベル補正」を選びます。
コントラストがより強くなるようにスライダーを動かし調整しましょう。(切り抜きたい部分が黒く、その他の部分が白くなるようにしましょう)

4.コントラストを付けきれなかった部分を塗りつぶします。
描画色を黒にし、ツールバーにあるブラシツールで丁寧に塗りつぶしていきます。

5.コマンドキーを押しながら複製したチャンネルのサムネイルをクリックすると選択範囲が作成されます。
レイヤーウィンドウでレイヤーを選択し「編集」から「消去」を選ぶと完成です。

 

5.境界線を調整

1.まずはおおまかな選択範囲を作成します。
自分のやりやすい方法でかまわないので、細かい毛などは気にせず選択していきましょう。

2.選択範囲が作成できたらメニューの「選択範囲」から「境界線の調整」を選びます。
するとダイアログボックスが表示されます。
この状態では、まだ毛の細かい部分は選択されていません。

3.ダイアログボックス内の「エッジの検出」項目にある「スマート半径」にチェックを入れ、その下にあるスライダーを使って半径の大きさを調節します。
「表示モード」項目にある「半径を表示」にチェックを入れると、現在どの程度調整されているかを確認することができます。

4.きちんと毛が選択されていない箇所がある場合は、ダイアログボックスの左にある「半径調整ツール」を使って調整範囲を増やすことができます。
逆に不要な部分が残ってしまっている場合には「半径調整ツール」を長押しして「調整消去ツール」を選択し、任意の箇所を消すことができます。

5.ダイアログボックス内の表示モードを「白黒」にすることで毛の一本一本が確認しやすくなります。
また、左上にある「ズームツール」を利用し細かい部分もチェックしていきましょう。

6.調整が済んだら「出力」項目にある「出力先」で出力タイプを決めます。
「レイヤーマスク」は元の画像を破壊することなく切り抜くことができるのでおすすめです。
出力先を「レイヤーマスク」にして「OK」をクリックすれば完成です。

 

フォトショップを上手に使うと画像切り抜きが楽になる

今回ご紹介したフォトショップによる画像の切り抜き技は以下の5つです。

1.自動選択ツールを使う
2.色域指定を使う
3.ペンツールで選択範囲を作成する
4.コントラストのあるチャンネルを利用する
5.「境界線を調整」機能を使う

画像の切り抜きはその素材によって使い分けることが大切です。
そのためにも画像の切り抜き技を複数覚えておき、それに最適なタイプの画像を理解しておくことが重要なのです。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら