Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【画像ファイル使い分け】jpg、png、psd、、あなたは全部わかる?


納品はどういったファイル形式がご希望ですか?

〇〇形式のデータはお渡しできないんです、、、

デザイン会社などのクリエイティブ、制作会社に業務を依頼するとこういうことをよく聞かれたり、言われたりします。知っている人からすると当たり前の知識なので、「じゃあ〇〇でお願いします」「〇〇形式で納品していただけないと困るんですよね、、」と普通に話が進むと思いますが、デザインやクリエイティブの知識がまったくない企業担当者の場合、この時点で既に何の話をされているか分からない、、。という状態になることもしばしばあります。反対に、弊社では「psdファイルを貰えることが魅力です!」とお客様から実際にお声を頂いたこともありました。

そもそも、形式とか拡張子とかって、なんでそんなにたくさんあるの?

こんな疑問を抱くこともあるのではないでしょうか。そこで本日は、画像ファイルのそれぞれの特徴とその使い分けについて解説していきます。前提として、画像ファイルには様々な種類があります。拡張子(ファイルの種類を識別するためにファイル名の末尾につけられる文字列)の種類で言うならjpg,png,psd,eps,ai,pdfなどがあり、大きく分類するとWebで使われるもの印刷データで使われるものに分かれます。では、順番に見ていきましょう。

 

Webで使われる画像ファイルの拡張子

Webで使われる画像ファイルは様々なPC環境に適応していて汎用性が高いので、クリエイティブに関係のない人でもITリテラシーのひとつとして覚えておいて損はないでしょう。

 

jpg

データが軽く、一般のPC環境でも使える汎用性の高いデータです。写真やグラデーションなどの色が多い画像に適しています。

ただし、同じ画像を何度もjpg形式で上書き保存を繰り返していくと画質がどんどん劣化していくので注意が必要です。これは「非可逆圧縮」という圧縮したデータを元に戻すときに、元に戻す事が出来ない圧縮方式の為です。

基本的にjpgファイルは上書きしないものと覚えておいたほうがいいでしょう。

 

png

こちらは反対に「可逆圧縮」という圧縮したデータを元に戻すときに、完全に元に戻す事ができる圧縮方式です。なので比較的データも軽く、図・ロゴ・色数が少ない画像に向いています。

Webデザインなどで透明効果を使いたいときにもpngが使用できます。高画質を維持できる分、場合によってはデータが重くなることもあります。もしあなたがWebサイトにデータの重さは気にせず、高画質な画像を設置したいと思ったらpng形式で画像を保存するのがベストでしょう。

 

gif

扱える色数が256色しかない為データも軽いことが特徴で、インターネット黎明期にはよく使われていました。また、パラパラ漫画のようなアニメーションを作ることができます。現在では静止画のファイル形式として使われることはほとんどないのではないでしょうか。場合によっては、pngよりgifのほうが望ましいというパターンもあるのですが、そんなに頻繁に起こることでもないので割愛します。

 

印刷データに使われる画像ファイルの拡張子

印刷データで使われるものに関してはクリエイティブ向けのソフトが必須になったりしますが、覚えておいて損はないです。それに、ここでご紹介するファイル形式は繰り返し保存しても画質が劣化しません

 

psd

AdobeのPhotoshopで作成されたファイル形式です。レイヤー情報を持ったまま保存できて、最近はpsdデータのまま納品してくれる制作会社も増えてきました。データは重くなりますが、レイヤー情報を持ったまま保存すれば高画質な画像を維持できます。逆に、データが重すぎる場合は統合して軽くしたデータを納品してもらう、なんてことも可能です。

 

ai

AdobeのIllustratorで作成されたファイル形式です。ロゴの制作などによく使われますし、企業ロゴのデータとして社内のPCでこのファイル形式見たことあるな〜という方もいるかもしれません。特徴はPhotoshopとそこまで大きく変わりはないですが、Illustratorはバージョンによって表示が異なることがあるので、制作会社などから納品される際は別のファイル形式に変換されることも多いです。

 

eps

AdobeのPostScriptで作成されたファイル形式です。低解像度と高解像度の2種類のデータを持っているので、作業する時には低解像度データでスピーディに・出力するときは高解像度データでハイクオリティにという使い分けができることが特徴です。また他のグラフィックソフトとの互換性も高いので、印刷データにおいて今も支持されるファイル形式です。しかし近年、印刷業界ではepsからpdfに変化してきているという現象も起きているようです。

 

pdf

Adobeが開発・提唱するPortable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)の頭文字を取ったものです。紙に印刷するのと同じ状態のイメージを保存することができ、特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像を確認することができることが最大のメリットで、現在PCを使ったことのある人ならばpdfファイルを見たことがないという人はまずいないでしょう。デザインやクリエイティブに関係なく、もっとも認識され使用されるファイル形式になっています。

 

用途にあったファイル形式を覚えておきましょう

普段目にするpdfやjpgといったファイル形式も、意外とその特徴や使い分けについては知らないことが多いものです。これらを理解するだけで、ちょっとしたWebサイトに画像を差し替える作業やブログに画像を貼り付ける時などにも、用途を考えてファイルを作成することができるようになります。是非覚えて活用してくださいね。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら