Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【社内・社外別】デザイン性のあるプレゼン資料の作り方を公開!


プレゼン用の資料を作っているときに、どのようなデザインで作れば相手に伝わりやすいのか考えたことはありませんか。状況に応じて相手に「伝わる」プレゼン資料を作ることは、プレゼン自体の成功を左右します。
社内向けと社外向けでも、プレゼン資料の内容は大きく異なるもの。ここでは、デザイン性が高いプレゼン資料の作り方を、社内・社外に分けてご紹介していきます。

デザイン性のあるプレゼン資料とは

プレゼン=プレゼンテーションとは、聞いている人に対して考えやデータの情報を理解・納得してもらうための行為です。そのため、デザイン性のあるプレゼン資料を作っていくときには、見映えが良いことはもちろん、シンプルかつ分かりやすいかどうかにも注意を払わなければいけません。

それでは、デザイン性のあるプレゼン資料を作成するためには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、デザイン性を意識した、相手に伝わりやすいプレゼン資料の作り方をご紹介していきます。

スライドの比率が4:3か16:9になっている

スライドの縦横比率によって、見え方が大きく変わります。
プロジェクターを使って発表を行う場合、16:9が理想的な比率です。16:9だと画面全体が使えるので、1枚のスライドに載せられる情報量が多くなります。

スライド自体をメディアに流用したり、A版へ印刷する場合は、4:3の比率が適していると言えるでしょう。プレゼン後のことも考えるのであれば、両方のフォーマットを用意しておくのが無難です。

見出しと箇条書きを使い分ける

見出しとは、記事内容が一目で分かるように示したものです。一方、箇条書きとは、いくつかの単語や文章を項目に分けて書き並べたものを言います。この2つを使い分けることにより、分かりやすいプレゼン資料になります。

例えば
「私の趣味は映画と旅行と料理です」という文を箇条書きにすると

私の趣味
・映画
・旅行
・料理

となります。見出しは「私の趣味」です。
情報を整然と見せることができるため、活用するとよいでしょう。

テーマカラーを統一する

背景のカラーを調整して、スライドを見映え良くする手法があります。しかし、ここで注意しなくてはいけないのが、カラーを統一せず、むやみにたくさんの色を使うことです。

カラーが統一されていないと見る人は違和感を覚え、書いてある情報が頭の中に入ってこない場合もあります。プレゼンをする際は必ず、資料内容に合わせてテーマカラーを統一しておきましょう。

「伝わる」ことを意識したデザインを施す

デザインがいくら綺麗だとしても、聞いている人に伝わらないと意味がありません。自分では理解していることだとしても、相手にとっては全く分からないことも多々あります。

プレゼンとは、全く分からない人に対してどれだけ分かりやすく伝えるかがカギです。見ている人の知識量に合わせて、デザインも変えていきましょう。

社内用プレゼン資料のデザイン作成方法

プレゼンといっても状況は2通りあります。それは社内と社外でのプレゼンです。話す内容は一緒でも状況は違いますし、聞いている人の考え方も違います。話す内容を相手に伝えるには、状況に応じて資料のデザインも変えていかなくてはいけません。

まずは、社内でプレゼンをする際のプレゼンデザインの作成方法をお伝えしていきます。

シンプルかつ分かりやすく作る

まずはシンプルに、かつ分かりやすく相手に伝える必要があります。社内の人だと内容はある程度理解していることが多いため、シンプルで頭に入りやすい内容を意識して資料を作っていくことが重要です。

相手に飽きさせないためにも、全体のデザインは分かりやすいものを意識して作っていきましょう。

構成を課題→原因→解決策→効果の順で作る

まずは、「何の課題を発表していくか」を提示しましょう。そこから、「なぜ(原因)そうなったのか」「解決策」「その後得られる効果」を順を追って話していきます。
話す順番を間違えてしまうと「結局何が言いたいの?」という事態にもなりかねません。必ずこの順番で構成を作成しましょう。

社内データを使用して表やグラフを盛り込むと、より分かりやすい資料になります。

余計なエフェクトやアニメーションは入れない

面白みを出すためにエフェクトやアニメーションを入れる人もいますが、これは、社内のプレゼンにおいては間違いです。社内の人が求めているのは「結果」であり、余計なシチュエーションは求めていません。

エフェクトやアニメーションを入れるよりも、表やグラフを用いてより分かりやすいプレゼンをしたほうが無難です。

社外用プレゼン資料のデザイン作成方法

社内用プレゼン資料のデザイン作成方法が分かったところで、次は社外用プレゼン資料のデザイン作成方法を説明しましょう。状況が違うので、デザイン自体を変える必要があります。

どのように作成していくべきなのか、順番にご紹介していきます。

テキスト量は少なく作る

社外に向けたプレゼンだと、詳細を分かりやすくしようとしてテキスト量が多くなりがちです。しかし、ぎっしりとテキストが並んだ資料は、実際にスライドなどで見た際に、とても分かりにくい資料となってしまうことが多々あります。

より分かりやすくするには、スライドのテキスト量を少なくして、詳細などは口頭で答えていくようにしていくとよいでしょう。

目を引く演出を資料内に散りばめる

社外でのプレゼンでもっとも大切なことは、聞いている人に飽きさせないことです。社外向けのプレゼンでは、いくら内容が良くても、面白みに欠けていると途中で飽きられてしまいます。

対策として、スライドの途中途中に目を引く演出を施しましょう。面白みをだしつつ真剣な内容を話すことで、ギャップが生まれます。そのギャップが、聞いている人を飽きさせない効果につながるわけです。

ビジュアルやエフェクト、アニメーションを多く使う

社内向けの資料でビジュアルやエフェクト、アニメーションを多用するのは得策ではありませんが、社外向けの資料では別。先ほどの目を引く演出で触れたように、「どれだけ注目させるか」が大切だからです。
まずは興味を引くことが重要なので、ビジュアルやエフェクト、アニメーションを多用しましょう。
ただし、雑多な色を使いすぎると、画面に統一性がなくなる恐れがあります。必ず統一感のある色使いを意識してください。

プレゼンはデザイン次第ですべてが決まる

プレゼンをするとなると、どうしても資料のデザインよりも、話す内容をどうするかを重く考えがちです。しかし、プレゼンを見ている側からすると、話す内容に耳を傾けるよりも、プレゼン資料を見ていることが圧倒的に多いです。

そのため、プレゼンを成功させるには、まずは資料のデザインに力を注ぐ必要があります。分かりやすいデザイン性溢れるプレゼン資料を作って、社内・外のプレゼンを成功に導きましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら