Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【基礎知識】デザインをするなら知っておきたい!レイアウト4大原則


デザインのことをあまり知らない、またはきちんと学んでこなかったけれど、これからデザインをしようと考えている人もいるのではないでしょうか。
そんな人に「絶対に知っておいてほしいレイアウトの4大原則」というものがあります。
この4大原則を押さえておけば、デザインは見違えるほどきれいにまとまるでしょう。
この記事では、そんなレイアウトの4大原則を解説していきます。

良いデザインには必ず使われている4つの原則

「キレイだな」と感じられるグラフィックデザインやWebデザインには、必ず使われている4つのポイントがあります。
この4つのポイントを意識することで、分かりやすく美しいレイアウトを作ることができます。

原則1:近接

近接とは、関連する項目をグループにまとめることです。
人には習慣的に「近くにあるものは関連があるものではないか」と考えます。

関連する情報を近づける

要素をグループ化し、位置関係を整理することで、わかりやすく見やすいレイアウトとなります。
このことは文字だけではなく、画像とキャプションなどにも同じく言えるものです。
画像の近くにキャプションがあれば「これはこの画像を説明しているのものだな」とすぐに理解することができます。

余白を大切にする

要素をグループ化しても、その余白が均等だと近いのか遠いのか分からない状態になってしまいます。
そういった状況を避けるためにも、関連する事柄とそうでない事柄の間にはきちんと余白をとり、視覚的に情報を整理しやすいものにすることが大切です。

原則2:整列

整列とは、文字などの情報の端をそろえてキレイに並べることです。
単純に考えても端がキレイに揃っているほうが整理されて見えますし、そこに「近接」の要素を加えるとさらに良いレイアウトが出来上がります。

情報を整理する

例えば名刺を作る場合を考えてみましょう。
「名前」「肩書」「住所」「電話番号」などの情報をひとつの紙面に配置しなければなりません。
この場合、「名前」と「肩書」、「住所」と「電話番号」を同じカテゴリーとしてまとめることができます。
その上で整列させると、ただ端を揃えただけの時よりもより分かりやすいレイアウトとなります。

見えない線の存在

端を揃えてものを配置した時に、そこに一本の線を感じることがあると思います。
デザインでは「見えない線」と表現しますが、この見えない線を感じるデザインこそが整列の真骨頂と言えます。

原則3:反復

反復とは、同じスタイルを繰り返し配置することです。
意識的に繰り返すことによって、一貫性とリズムを作り出すことができます。

特徴のあるスタイルを繰り返す

モチーフやアイコンなど特徴のあるスタイルを繰り返し配置することで、全体をより認識しやすくすることができます。
「モチーフ・画像・解説文」などをワンセットにすると、繰り返しやすく応用もききます。

一貫性を持たせてリズムをつくる

繰り返すとデザインに一貫性が出てきます。
同時にリズムができるので、見る方もパッと見ただけでそれがなんの情報なのかを瞬時に理解できるようになります。
また、ホームページなどでは一貫性を持たせることにより、誤ってリンクなどを開いてしまった場合にも「別のページに飛んでしまった」とすぐに気づかせることができます。

原則4:コントラスト

コントラストとは、強弱のことです。
文字であれ画像であれ、強弱を持たせて配置するとメリハリのあるレイアウトを作ることができます。

情報の優先度を決める

まずは情報の優先度を決めましょう。
優先度の高いものを大きく、そうでないものを小さくすることで、分かりやすいレイアウトになります。
あるいは、見出しは大きくし、本文は小さくすると、ユーザーにとって「どのコンテンツを読むか」を瞬時に選択できる良いレイアウトとなります。

やるなら思いっきり

コントラストを付けるといっても「少しだけ大きくしてみる」「文字サイズは同じだけど太さを変えてみる」といったレベルではコントラストとは言えません。
やるなら思いっきり強弱をつけないと意味がありません。

基礎を知ることで「自由なのに美しいデザイン」ができる

自分のやりたいように自由に作ることだけがデザインとは言えません。
もちろん個性は大切ですが、その中にもきちんとした基礎知識を備えていなければ、そのデザインは自己満足にしかならないのです。
基礎を学び、デザインの手法を知ることで「自由なのに美しいデザイン」を作ることができます。
そして、それはきっと評価につながっていくことでしょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら