Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【基礎編】レスポンシブデザインとは?


現在では多くのサイトでレスポンシブデザインを施すことが一般的になっていますが、レスポンシブとはそもそもどんなものなのかを知っていますか?
画面サイズに応じて様々な端末でサイトを閲覧することのできるレスポンシブ化ですが、メリットが多い分そこにはデメリットも存在します。
デメリットをきちんと知ってこそ、的確にレスポンシブデザインを活かすことができるのです。
この記事では、レスポンシブとはなにかを詳しく解説していきます。

 

レスポンシブデザインとは

出典:hamazushi.com

レスポンシブデザインとは、パソコン以外のスマホやタブレットなどの他端末でサイトを閲覧しても、デザインが大きく崩れることのないデザインのことです。
画面幅に合わせてレイアウトを変化できるので、ほぼ全ての端末でそのサイトを閲覧することができます。
1つのHTMLファイルと、デバイスごとのCSSファイルを切り替えることで実現できる、現在メジャーとなっているデザイン形式のひとつです。
Googleではこのレスポンシブデザインを推奨しているため、現在ではほとんどのサイトがレスポンシブ化を進めています。

 

レスポンシブデザインのメリット

現在多くのサイトが取り入れているレスポンシブデザインですが、具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

ページ作成やメンテナンスが楽

レスポンシブデザインでは、HTML部分は共通していてレイアウト管理はCSSで行っているたます。そのため、閲覧しているユーザーが利用している端末の画面サイズに合わせてプログラムが自動でレイアウトを設定してくれます。
したがって、デバイスごとのページ制作が不要となりメンテナンスが楽になります。

 

より多くの人にサイトを見てもらえる

様々なデバイスで閲覧できるということは、それだけ多くの人にサイトを見てもらえる機会が増えるということになります。
パソコンは持っていなくても、スマートフォンなら今の時代ほとんどの人が持っているので、手軽にサイトを閲覧することができます。
そういった面で考えてもレスポンシブデザインは現代社会にピッタリの形式と言えるでしょう。

 

SEO対策に有利

Googleはレスポンシブデザインを推奨しています。
したがって、レスポンシブ化することによって検索の際のSEO対策に有利になる可能性があります。
検索上位にヒットすることができれば、それだけサイト訪問者が増える可能性も高まります。
少しでも上位に表示されるために、サイトを作成する上でSEO対策は非常に重要なポイントとなります。

 

レスポンシブデザインのデメリット

レスポンシブデザインの場合、デメリットが起こるとしたら、そのほとんどがスマートフォンなどの端末側で起こります。
パソコンよりもスペックが劣るスマートフォンでは、パソコンと同じようにはいかないということです。
また、制作する側にも注意が必要なポイントがあるので、しっかり見ていきましょう。

 

制作工数が増える

レスポンシブ化はCSS3のメディアクエリという機能を利用して表示を切り替えます。
したがってCSS3の記述は、通常よりも増えることになります。
制作工数が増えるとその分人件費がかかるなど、企業側やWebサイト制作を発注したい方にはデメリットとなる場合があります。

 

スマホでのページ読み込みが遅くなる可能性がある

レスポンシブデザインでは、パソコン表示した場合が標準の形となります。
これをスマホで表示する際、画面上では最適化されますが、実際にはレイアウトデータをすべて読み込むことになります。
ページの内容によっては、スマホで処理するには重く、読み込み速度が遅くなる可能性があります。
読み込み速度が遅いと、待ちきれず他のページに移ってしまうユーザーも一定数いるということを覚えておきましょう。

 

サイトによっては向き不向きがある

出典:yahoo.co.jp

例えば、ECサイトや総合サイトなどの情報量が多いサイトは、レスポンシブデザインに不向きだと言えます。
なぜなら、スマホなどの画面サイズが小さい端末で表示する際に文字量が溢れてしまい、正確に表示できない可能性があるからです。
そういったサイトは、CSSでのレスポンシブ化ではなく、「Webサイト用」と「スマートフォン用」というように、端末ごとに別々に対応させる方法をとっています。
この方法はそれぞれに対応させるサイトを別に作らなければならないため、非常に手間がかかります。

 

レスポンシブ化でサイト効果を上げよう

レスポンシブ化によるメリット・デメリットを紹介しましたが、レスポンシブデザインは総合的に見るとやはりメリットの方が多く、様々な面で良い効果を生み出します。
多くの人にサイトを見てもらい、自社のことやサービスを知ってもらう機会をつくることは、ビジネスにおいて大きなプラスになることの方が多いです。
サイトの性質や目的、伝えたい情報量などを考慮し、上手くレスポンシブデザインを取り入れてサイト効果を上げていきましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら