Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

Webデザインにおけるブランディングデザインとは?


Webデザインをする際に、ブランディングを意識したデザインを制作しようと考える方も多いのではないでしょうか。自社やサービスなどを世の中に認知してもらおうと思った時、ブランディングによる魅力づけは効果的な活動です。
ブランディングデザインを制作するには情報を視覚化し、的確に発信することが大切です。

ブランディングデザインとは?

ブランディングとは何かを学ぶには、まずは「ブランド」とはなにかを知る必要があります。
ブランドとは、「独自の役割」を持っているためユーザーがリピートしてそのサービスや商品を購入し続ける存在です。
そうしていくうちにユーザーの心に感情移入させることができ、あらたなリピートを生み出します。
デザインにおけるブランディングとは、「ロゴ」や「コーポレートカラー」などを利用して視覚的情報を発信することにより、自社の「持ち味」や「自分らしさ」を消費者に認知してもらう活動です。
このブランディングは中長期的に行うものなので、一朝一夕でできるものではありません。
長く愛されるブランドでは、こういったブランディングがしっかりと行われているのです。

ブランディングデザインに必要な要素とは?

ある新商品を売り出すとします。
同じカテゴリーの商品が他社からもリリースされている状態で、自社の製品を売り出していくにはどうすればいいでしょうか。
こういった場合に必要なのがブランディングです。
では、そこに「どのような要素を盛り込んで考えれば効果的なのか」を解説します。

コンセプト

その製品を企画した段階での構想がコンセプトとなります。
「誰が」「誰に」「何を」「どのように」「どう伝えるのか」を具体的に決めましょう。

ターゲット

標的とする顧客層を決めることを「ターゲティング」と言います。
年齢、性別はもちろん、ターゲットとなる人の生活状況や趣味まで具体的に決めましょう。
ターゲットを設定しておくことで、より的確なブランディングができるようになります。

ポジション

自社製品が他社製品と比べてどのような位置にいるのかを把握することから始めます。
さらにその自社製品が独自のポジションを築くことができれば、他社との差別化を図ることができます。
他社にはなく「自社でしか手に入れられない」といった魅力があれば、自社の位置付けが確立し、より安定したブランディングを行うことができるでしょう。

ブランディングによる効果とは?

出典:starbucks.com/

知名度の向上、販売の拡大

消費者は、知らないものを欲しがることはありません。
知名度が向上することにより、欲しがる人も増えるのが一般的な購買の流れです。
ブランディングにより知名度があがれば、それだけ欲しがる人が増える可能性も高まるということです。
例えばスターバックスを象徴するロゴマークのデザインは、誰しも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。認知度やデザイン性の高さからブランディングが成功している代表例と言っていいでしょう。
しかも、「無名の商品」よりも「有名な商品」の方が、「たくさんの人が買っている」という安心感が上乗せされ、販売の拡大に繋がります。

価格のプレミアム化、リピート率の向上

ブランディングにより知名度が上がると、同じカテゴリーの商品でも「ブランドロゴ」の付加価値により、価格のプレミアム化を行うことができます。
さらに「このブランドのものが好き」という人が増え、リピーターも増加するでしょう。
ブランディングが成功することで、同じカテゴリーの商品よりも価格が高いとしても「このブランドを選ぶ」という人が増えてきます。

人材採用、働く誇りの向上

ブランディングによって生み出される効果は、消費者に向けてのものばかりではありません。
ブランドが有名になれば「このブランドで働きたい」という人も出てきます。
そうなることによって、優秀な人材を採用するのにも好影響を与えてくれるのです。
社員が自社ブランドを誇りに思い、そのブランドへの感情移入が強ければ、誠心誠意働いてくれます。

広告コストの削減

ブランディングが成功すると、そのブランドに対する世の中の認知度が高くなります。
そうなると、常に広告を打たなくても向こうから買いに来てくれる消費者がいる、という状態を作り出すことができます。
知名度が上がるまでは継続的に広告を打つ必要があります。
しかし、長期的なブランドの構築が成功すればそういった広告宣伝費をかけずとも商品が売れます。
初期の広告費を「初期投資」として惜しみなく使うことにより、ブランド構築後はその広告費を削減することができるのです。

ブランディングの必要性を理解しよう!

ブランディングには、
・知名度の向上による販売拡大
・価格のプレミアム化
・リピート率の向上

というメリットがあります。

さらに、
・人材採用が有利になる
・広告コスト削減

などの面でも効果を発揮します。

ブランディングデザインとは企業が自社サービスや自社製品・あるいは企業そのものの魅力を高め、中長期的なスパンでターゲットとなるユーザーの認知を広げ「長く愛される」ために必要不可欠なものです。
まずは第一歩として、ブランドイメージを様々な形で視覚化し、世の中での認知度をあげていきましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら