Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【Illustrator】知っておくと便利なパスの小技5選


普段イラストレーター(イラレ)を使っていても、まだ意外と知らない機能があるものです。
その中でもパスに関する小技は、作業の時間短縮にもなる便利なものが多いのが特徴です。
この記事では、そんなイラストレーターのパスに関する小技の中から厳選した5選をご紹介します。
ぜひ覚えて今後の作業に活用してみましょう。

レベル1

まずは比較的簡単なレベル1から解説していきます。
ちょっとしたことですが、知っているのと知らないのとでは作業の効率性に大きな差が出ます。

1.斜め線の延長

斜め線をそのままの角度で延長するには、主に2つの方法があります。

・まずは、2本の斜め線のうち、どちらか片方だけを伸ばす方法です。
1.ツールバーから「ダイレクト選択ツール」を選択し、伸ばしたい線の先端を選択します。
2.伸ばしたい線にポインターを持っていきドラッグして伸ばします。

・両方の斜め線を同時に同じ角度で伸ばしたい場合の方法です。
1.ツールバーから「ダイレクト選択ツール」を選択し、斜め線の先端部分を選択します。
2.バウンディングボックスを表示させ、Shiftキーを押しながら拡大します。

2.矢印

イラストレーターでは、「線」のオプション設定を利用すると簡単に矢印を作成することができます。
「線」のオプション設定で作成した矢印の方向を反対に変えたい時に役立つ小技です。

1.ツールバーから「ペンツール」を選択します。
2.ペンツールの状態で矢印の先をクリックします。
3.すると矢印の向きが反対になります。

レベル2

少しレベルアップした小技を紹介します。
レベルアップといっても難しいものはありません。
知っておくと日々の作業の工程短縮となるものなので、ぜひ覚えてみてください。

3.線の交差点でクローズパスにする

線が交差している点はオープンパスになっています。
つまりパスが繋がっていない状態です。
これを簡単にクローズパス(パスが繋がっている状態)にする方法があります。

1.交差している線のオブジェクトを選択します。
2.「パスファインダー」ウィンドウの「分割」をクリックします。
3.するとパスが繋がりひとつのオブジェクトとして作成されます。

注意するべき点は、この方法で作成されたオブジェクトは線の設定がなくなってしまうという点です。
線の設定を消したくないという人は、あらかじめ最初の線の状態をコピーして退避させておくと良いでしょう。
オブジェクトが作成された後に、その線の設定を「スポイトツール」などを使ってコピーすれば線の設定が復活します。

4.四角形を三角形にする

四角形をただ三角形にするには、四角形のパスのうちのひとつを「アンカーポイントの削除ツール」を使って消せば出来上がります。
しかしこれだと直角三角形が出来上がることなります。
二等辺三角形を作りたい場合は、以下の方法を使うと簡単です。

1.任意の四角形を作成します。
2.鋭角にしたい辺にある2ヶ所のアンカーポイントを「ダイレクト選択ツール」で選択します。
3.メニューの「オブジェクト」から「パス」の「平均」を選択します。(ショートカット:Command+Option+J)
4.平均のダイアログボックスが表示されるので「2軸とも」を選択します。
5.二等辺三角形の完成です。

※この二等辺三角形は頂点のアンカーポイントが2点重なっている状態となります。

そのままでも問題なく利用できますが、気になる人は「アンカーポイントの削除ツール」を使って頂点をクリックするとアンカーポイントがひとつになります。

レベル3

イラストレーターはこれまで進化をし続けてきています。
現在のイラストレーターには、「イラストレーター8.0」の時代には考えられないような便利機能が搭載されています。
「ライブペイント」機能もそのひとつです。
このライブペイントツールは、様々な場面で活用することができます。

オープンパスから簡単にクローズパスを作る

オープンパスの状態に色を付けることができる「ライブペイントツール」は、それだけで画期的なツールと言えます。
このライブペイントツールを使ってオープンパスを簡単にクローズパスにすることができます。

1.作ったオブジェクトに「ライブペイントツール」を使って色を付けます。
2.現時点では、オープンパスがそのままの状態なのでパスは閉じていません。
3.メニューの「オブジェクト」から「分割・拡張」を選択します。

4.すると、オブジェクトが出来上がるので「グループ解除」すると、クローズパスとなったオブジェクトを抜き出すことができます。
抜き出したオブジェクトは通常のオブジェクトとして扱うことができます。

イラストレーターの作業は小技を駆使して楽をしよう!

イラストレーターには、今回紹介した小技の他にもたくさんの便利技が存在します。
すべての機能を使いこなすのは大変かもしれませんが、自分がよく使う作業に関する小技やショートカットは覚えておいた方が時間短縮になります。
少しでも楽に作業が進むように、イラストレーターに搭載されている機能や小技を駆使して効率化を図りましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら