Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

徹底解説!マーケティングにおけるペルソナ設定の重要性


マーケティングにおいて、ペルソナ設定は大変重要です。分析をしっかり行い、作り方をしっかり学んでおけば、自社が想定するペルソナに近い人から支持されるようになります。

では、どのようにペルソナ設定を行えばよいのでしょうか。ここでは、マーケティングにおけるペルソナ設定の重要性を解説するとともに、ペルソナ設定の仕方をご紹介していきます。

ペルソナとは?

そもそも、ペルソナとはいったいどういうものでしょうか。
ペルソナとは、自社の製品やサービスに興味をもってくれる「理想の人物像」のことです。
ペルソナは、すでに顧客となっている人や、今までのデータに基づいて作られます。そのため、リアル性が高い、理想の人物像を作り上げることができます。

マーケティングにおけるペルソナの重要性とは

ペルソナは、マーケティングにおいて重要な役割を果たすものです。ペルソナを設定することで、自社で集めたい理想の顧客に商品、またはサービスを届けることが可能となります。

では、マーケティングにけるペルソナの重要性は、どういったところにあるのでしょうか。順番に説明していきます。

紹介するコンテンツを想定したペルソナに提供できる

自社が提供する商品やサービスに対して、ペルソナを設定してマーケティングに活用したとします。すると、自社が一番届けたい顧客や見込み客に、商品を提供することが可能となります。提供の方法としては、WebサイトやSNSなどが考えられます。

また、ペルソナによって、どのようなコンテンツがウケがいいのかの判断基準を知ることができます。理想の顧客に喜ばれるコンテンツを提供するためには、ペルソナ設定はマーケティングにおける必須項目といえます。

社内の情報共有化が可能となる

どのような顧客に商品やサービスを提供すればいいのか、理解できていない人が社内にいることがあるでしょう。マーケティングにおいて何より大事なのは、企業内での情報共有です。どのような顧客に商品を提供すべきなのかは、最低限共有しておく必要があります。

ペルソナ設定を行っておくことで、マーケティングに関わる社員に情報を共有することができます。情報が共有できていれば、コンテンツを売るべき顧客がどんな人か、社内の認識がブレなくなります。

求める人物像に最短でコンテンツ紹介ができる

どんな人に商品を提供していけばいいのかを理解しておくと、アプローチ方法も大きく変化します。
興味のない人に商品を提供しても意味がありません。自社の商品やサービスに興味をもっている人が集まる場所で、マーケティングを行う必要があります。
ペルソナを設定しておくことで、マーケティングを行うのに効果的な場所を選択でき、想定する客層に最速で自社のコンテンツの紹介を行うことが可能になります。

ペルソナ設定の仕方

ペルソナは仮の人物像とはいえ、既存の顧客や調査したデータに沿って作られた、自社のコンテンツに興味をもつ理想の顧客となります。データに忠実に再現することで、より自社コンテンツを購入してくれる人に、効率的に情報を提供することができます。

では、ペルソナ設定はどのように行っていくのでしょうか。ここではペルソナ設定の方法についてご紹介していきます。

ペルソナの情報を収集する

まずは、ペルソナになりうる人の情報を収集する必要があります。既に興味をもってくれている人の情報だけでなく、アンケートや街頭インタビューなどをして情報を集めましょう。

必要な情報として
・プロフィール(年齢や家族構成、収入など詳しく)
・情報収集方法(Webサイト、本、新聞など)
・普段優先してお金を使う場所(何を買っているか、いつ買うのか、など)
・仕事情報(仕事内容、勤務時間、休みの日など)
・住んでいる場所

などがあります。

情報は詳しければ詳しいほどいいので、他にもコンテンツ紹介をしていくにあたって必要だと感じる項目については、積極的に情報収集をしていくべきでしょう。

情報から得られたものを仕分けする

ある程度情報が集まってきたら、共通する部分を仕分けします。同じコンテンツに興味をもっている人は、ある程度共通する特徴を持っています。新しい情報が得られることもあるので、小さな共通点も見逃さず仕分けをしていくといいでしょう。

また集めた情報から
・何に悩んでいるか
・どんな課題があるのか
・自社の商品を利用する理由

なども含めて情報を仕分けしておくと、さらに顧客像が詳しく分かります。

ペルソナのプロフィールを細かく設定する

情報が集まってきたら、ついにペルソナのプロフィールを詳しく決めていきます。ここでどれだけ細かく設定できるかが鍵です。

プロフィールが細かければ細かいほど、自社のコンテンツをどのようにアプローチしていくかが、鮮明に見えてきます。今までどのような経験を積んできたか、今後どうなっていきたいのかなども加えて設定しておくと、なおいいでしょう。

ペルソナのストーリーを思い描く

自社の商品やサービスに行きつくまでのストーリーを作っておくと、さらにいいでしょう。そこから項目別に分けて、ストーリー構成をしていきます。

分ける項目としては、
・エピソード
・ペルソナの個人情報
・仕事の役割・役職
・将来の理想の生活
・情報の収集方法

などが考えられます。

ペルソナがどのようなストーリーを持ち、どんな行動を起こすかを、想像でもいいので具体的に作り込みましょう。ペルソナが行動を起こすための理由などに注目していくことで、より忠実なペルソナ設定を行うことができます。

ペルソナ設定は複数用意しよう

マーケティングにおいてペルソナ設定は必須です。ペルソナが具体的であればあるほど、理想的な顧客に興味をもってもらうことができるでしょう。
また、ペルソナ設定を考える際には、複数の意見が出てくることもあるでしょう。その際は、複数のペルソナを作りましょう。ゴールが「コンテンツ購入」に設定されているなら問題はありません。どれだけ自社のコンテンツを効率的に提供できるかが大切です。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら