Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

テレワーク・リモートワーク導入のメリット・デメリット


テレワーク・リモートワークが最近では話題になってきていますが、実際に導入している企業はどのようなメリットを感じているのでしょうか。企業によっては、テレワーク・リモートワーク自体を推奨している企業もいれば、逆に反対意見を出している企業もいます。

そこで今回はテレワーク・リモートワークを導入した場合の企業側に起きる、メリットデメリットについてご紹介していきます。この記事を参考に導入するかどうかご検討いただけたら幸いです。

テレワーク・リモートワークとは

テレワーク

まずテレワークについての説明になるのですが、総務省によるテレワークの定義とはICT(情報通信技術)を利用して、時間や場所を気にせず働ける柔軟な働き方を意味しています。種類としては、雇用型と自営型とがあり自宅で仕事を行うこともあればオフィスで仕事をする場合もあります。

テレワークの意義は、ワークライフバランスの実現や地域活性化の推進、少子高齢化対策の推進を目指しています。この意義を理解して実際に実現していこうと考えた企業が導入に勤しんでいると言えます。

総務省のテレワークの意義と効果

リモートワーク

リモートワークは、使われ始めてまだ日が浅い言葉です。内容はほぼテレワークと変わりません。唯一の違いとして「チームで仕事をこなしていく」という意味合いが強いのが、リモートワークです。

仕事を進めていくなかで、仕事内容によってはチームでプロジェクトを進めなくてはいけません。しかし全員が同じ場所にいる必要はなく、外で行える仕事は各自外で仕事を進めていくことができます。
さまざまなチームと組んで色々な仕事ができることが、リモートワークの大きな特徴とも言えるでしょう。

テレワーク・リモートワーク導入による企業側のメリット

働く場所がどこでもいいということで、働く人にとっては大きなメリットを感じる部分gあ多いでしょう。では実際に導入をした場合には、企業側にはどのようなメリットが生じるのでしょうか。

順番に企業側のメリットについて説明していきます。

企業のイメージが向上する

テレワークという言葉が普及してきたとはいえ、まだ導入している企業は少ないと言えます。そんな中で働く人にとってありがたいテレワークを導入することは、企業のイメージアップにもつながります。

働く人に対して真摯に向き合い、一番働きやすい環境を作っていこうという想いが伝わってくるので働く人に加えて世間のイメージも大きく変化していきます。

離職率の低下が見込める

離職する原因として考えられるのが

・子供が生まれて家で面倒を見なくてはいけない
・自由な環境で働ける場所を探したい
・働く時間を自分なりに調整したい

などがあります。

テレワークを導入した場合、これらの悩みが解決できるので離職率の低下が見込めます。現代の働き方は大きく変化してきているので、柔軟に対応していくことが大切になっていきます。

生産性が上がる

テレワークを導入した場合、生産性が下がると思いがちですがそんなことはありません。むしろ会社に来るまでの移動時間やストレスが無くなっていくので、生産性が大きく上がります。

導入することで働いている社員もモチベーションが上がり、働くことへの意義を理解するようになりテキパキした仕事をこなすようになっていくでしょう。

テレワーク・リモートワーク導入による企業側のデメリット

では逆にデメリットとしては何が考えられるのでしょうか。導入を試みている企業はこの部分が一番気になるところでしょう。

順番にデメリットをご紹介していきます。

労働時間管理が難しい

実際に会社に行って働くわけではないので、勤務時間は働いている本人が調整していく必要があります。なので労働時間管理が難しいというデメリットが生じてしまいます。

この場合はお互いの信頼関係も大事にはなりますが、時間管理ソフトなどを導入してお互いに勤務時間の相違が無いようにしていけば問題ありません。

セキュリティ管理が危ない

企業の仕事を自宅などで行うわけなので、セキュリティには十分な注意が必要です。もし企業内データを外で捜査していた場合、最悪ウィルスに侵入されてしまうという恐れがあります。

ただ仕事の方法はいくらでもあるので、セキュリティ管理にかかわるような仕事ではなく他の事務作業などをテレワークとして導入していくと良いでしょう。他にもセキュリティ管理がしっかりとできるツールもあるので、それらを利用してセキュリティ対策をしっかりしていきましょう。

社員同士のコミュニケーションが減る

社員同士の会話が無くなってしまうので、普段の会話はおろか業務連絡もおろそかになってしまう恐れがあります。実際に会って会話をしなくなってしまうので、お互いが今何をしているかの把握ができなくなってしまいます。

ただ今はインターネットにて連絡ツールが多数存在するので、仕事上では特に問題がないかと考えられます。

テレワーク・リモートワーク導入時の注意すべきポイント

このページを見ている人は実際に導入を試みようと考えている人が多いでしょう。その中で導入の際に注意すべきポイントがいくつか存在します。ここではそのポイントについて説明していきます。

情報共有の仕組みを整備する

テレワークを行う際は情報の共有をしっかりする基盤が必要になってきます。なのでまずは情報共有をどのようにしていくかの仕組みを構築していく必要があります。

仕組みの採用とはどのように勤務先に連絡し、どのように今の仕事状況を把握するなど様々です。まずは仕組みを作ってから導入を試みましょう。

導入したツールを最大限活かす

テレワークを導入した場合、様々なツールを利用することとなるでしょう。

例えば
・社員同士の連絡を取るためのツール
・時間を管理するためのツール
・作業報告をするためのツール

などがあります。

今となってはテレワークの導入に際して必要なツールはほぼ揃っています。なので自社に必要なツールを導入していき、最大限に会社で活用していきましょう。

テレワーク・リモートワークを実際に行った経験談

私の経験にはなりますが、テレワークを導入したことにより働く人は働きやすい環境を手に入れましたし、企業側も効率よく仕事をしてくれるとのことで満足していました。お互いにとってWin-Winな関係になるので、導入を試みているなら、ぜひ一度検討してみてもいいと感じています。

ただ中には会社に行くことで仕事が効率よく出来る人もいるので、テレワークを実施する人・しない人と分けて導入していくことをおススメします。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら