Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【ECサイト運営者必見】オススメ自動化集客ツール6選


ECサイトを運営していると、思ったような集客が見込めないことはありませんか。自社の売り上げを上げていくためにも、効果的な集客は必須です。

今回ご紹介させていただくのは、売り上げをあげるための集客ツールになります。実際に使用することで大きな変化をもたらしてくれるツールをご紹介していきます。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションは、略してMAとも呼ばれます。
具体的に説明すると、顧客とサイトの分析を自動化して行い、ボトルネックを認識します。そこからメルマガやWeb広告を配信し、実際にどのような効果があるのかの測定をしたうえで、広告の最適化を行っていくツールです。

ここでは、マーケティングオートメーションの中でも有名なものを今回はご紹介します。

うちでのこづち

EC通販CRMに必要な「顧客分析」「CRM施策」「効果検証」などを1つにまとめて行えるツールです。現状使っているECカートをそのままCRMに利用することができ、優れたUI/UXで詳しい分析を行ってくれます。

また日本国内における基幹システムを把握しているので、もし今後独自で開発したシステムを導入していこうと考えている人でも、対応可能です。

参考サイト:うちでのこづち

Customer Rings(カスタマーリングス)

あらゆる顧客情報を自分の目で見ることができるので、顧客の反応を直に感じてみたいと考える人には最適と言えます。

さらには自分の希望する条件で顧客を抽出することも可能で、実際に実施してみた顧客の反響や反応から、自分のシナリオ分岐も可能です。

継続したPDCAサイクルにおいて、コンサルタントによる戦略支援も実施しています。CRM戦略、分析支援などを行っており、充実したサポート体制が整っています。初めてツールを導入しようと考えている人にはおすすめのツールと言えるでしょう。

参考サイト:Customer Rings(カスタマーリングス)

ECサイト分析・解析

ECサイトを運営するにあたって、どの部分に顧客が注目をしているかで、何に興味をもっているかが分かります。これらの分析・解析を行っていくことで戦略の仕方が変わってくるので、必ず入れておきたいツールです。

なかでもおススメしておきたい分析・解析ツールをご紹介していきます。

UserInsight(ユーザーインサイト)

顧客がどの部分をクリックしているかが分かるヒートマップ解析を搭載しているとともに、ユーザー属性解析、組織分析、広告効果分析などあらゆる分析に特化したツールです。

他にも、アクセス解析が難しいと言われている中でも誰でも分かりやすい管理画面を提供したり、今まで行ってきた改善内容をもとにした勉強会などを開いたりしています。全く分析・解析を行ったことがない人には、最適なツールと言えるでしょう。

参考サイト:UserInsight(ユーザーインサイト)

WEBAntenna(ウェブアンテナ)

広告効果測定ツールとしては一番選ばれているツールと言えます。アトリビューション分析によって、認知広告がどれだけの成果を出しているかもわかるようになっています。

どの施策からどれぐらいの成果が出たのかも簡単に把握することができ、その成果を一括管理することも可能。余計な作業の手間を減らしてくれる効果があります。ECサイト運営においてはデータの管理が一番面倒な部分ではありますが、ここでは全て管理することができます。

ある程度ECサイト運営にも慣れてきて、データ量が増えてきた際には、使ってみるべきツールと言えるでしょう。

参考サイト:WEBAntenna(ウェブアンテナ)

カゴ落ち対策

カゴ落ち対策のためのツールは、必ず入れておいたほうがいいでしょう。カゴ落ちとは、ECサイトで買い物をしていたユーザーが、カートインしたままそのまま何も買わず去っていく行為のことをいいます。

この行為をさせないために、メールで再度購入の催促を送ったりして、買い物の続きを促すことをカゴ落ち対策と言います。これをするとしないとでは大きく売り上げに影響してくるので、必ず入れておきましょう。

以下で、おすすめのツールをご紹介していきます。

NaviPlus リタゲメール

メールマーケティングにおいては、必ずと言っていいほど導入されているツールです。ECサイトに訪れた人、1人1人に対して行動に合わせた接客ができるツールにもなっており、メールを無視されるというリスクを軽減することができます。

他にも、複数のシナリオコンテンツが含まれていて、複数のフォローメールをユーザー別に違う内容で送ることが可能です。ユーザーが今一番関心があることしかメールで送らないので、メールの拒否をされることが少なくなります。

今後メールでのアフターフォローを検討している企業には最適なツールです。

参考サイト:NaviPlus リタゲメール

CombizReco(コンビーズレコ)

同じくメールにて販売を促すツールですが、購入率を上げるだけでなくクリック率、メールの開封率、客単価、売上高、PV数などを全体的に底上げしていくことが可能となっています。

サイト運営の手間を減らすだけでなく、導入自体もタグを貼るだけで簡単に設定ができます。またクリック課金を導入しており、高い費用対効果を得ることが可能です。最初から効果を得つつ費用対効果を求めたい人にはおすすめのツールです。

参考サイト:CombizReco(コンビーズレコ)

ECツールは最適なものを選ぼう

ECツールはさまざまなものがあり、それぞれ導入した際には大きなメリットがたくさんあります。ただし導入を試みて、似たような機能をすでに持っていたり、費用対効果が全く得られなかったりするようであれば、違うツールを選んでみてもいいでしょう。

ECサイトも期間がたてば、内容も大幅に変わっていくでしょう。その都度最適なツールを選んでいきましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら