Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【徹底解説】ランディングページの作り方とコツを紹介!


せっかく商品紹介ページを作ったのに、思ったように商品の購入がされないということはありませんか。定めたターゲット層に目的のゴール(商品購入、会員登録など)へとたどり着いてもらうには、LP(ライティングページ)を作成する必要があります。

では、LPとはどのようなもので、どうやって作成すればいいのでしょうか。ここでは、LPの作り方や、作る際のコツなどをご紹介していきます。

 

LP(ランディングページ)とは?

そもそもLP(ランディングページ)とはいったい何なのでしょうか。
LPとは、ユーザーがネット広告に貼ってあるリンクを開いた際に、Webサイト1ページだけでサイト内の商品購入やサービスの利用を促すページのことをいいます。
リンクなどがなく、テキストより画像を多用する点が、LPの特徴です。多くのユーザーの興味を引き、商品購入を促すために、デザインなどを派手にしているサイトが多く、ボタンサイズが大きいのもLPならではです。

 

LP(ランディングページ)の作り方

LPは、どのように作るのでしょうか。
ユーザーに購入意欲をわかせる効果を得るためには、構成をしっかりと作る必要があります。
ここでは、LPの基本的な作り方を伝えるとともに、必ず必要な項目をご紹介していきます。

 

キャッチコピーを作る

キャッチコピーとは、紹介する商品を簡潔に分かりやすく説明する文章やフレーズです。ターゲットとなるユーザーの関心が湧くようなコピーを作って、記載する必要があります。

同時に、キャッチコピーに関連する写真を貼り、さらに興味を示してもらえるようにしましょう。

 

読者の共感部分を作る

ユーザーに単に商品紹介ページを見せても、商品は売れません。「買いたい」という気持ちにさせるには、共感部分を作りましょう。共感部分が多ければ多いほど、読者は商品に興味をもち、自分に向けたものとして捉えるようになります。
まずは、対象の商品に共感を持ってくれるユーザーはどんな人なのかを理解し、共感ポイントを作る必要があります。

 

紹介したい商品を提示する

商品を紹介するときに、テキストだけを並べてもユーザーはイメージが湧きません。紹介ページでは必ず、写真などを使って商品を提示しましょう。

他にも、商品を使っているところや、商品にまつわる画像があれば、さらに視認性が上がるでしょう。

 

商品の説明文を書く

商品の写真を載せたら、説明文を記載しましょう。ここで注意が必要なのが、写真と関係性のある説明文をしっかりと記載することです。

例えば、商品を実際に使用している画像に関係のない紹介文をつけても、見ている人は違和感を抱きます。必ず写真の内容に合わせて紹介文を書きましょう。

 

アクション導線を作る

アクション導線とは、見ているユーザーにアクションを促し、商品購入やサービスへの登録にユーザーを誘導する方法です。いきなり購入を促すのではなく、少しづつ「買おうかな?」という気持ちにしていく必要があります。

これを行うことで、商品の購入など、ページの最終目的であるアクションを行うことへの、ハードルを下げることができます。また、商品を買ったときの満足度も大きく変化します。

 

LPを作る際のコツ

LPには、商品を購入してもらうという明確なゴールがあります。なにも考えずに作っただけでは、商品を購入してもらうことは難しいでしょう。

そこで、ここからは、商品を購入してもらうためのLPを作るコツをご紹介します。LPの作成を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

最初の「ファーストビュー」に気をつける

ファーストビューとは、ユーザーがサイトを開いた瞬間に見るトップページのことをいいます。ファーストビュー次第で、ユーザーがWebページをじっくり見てくれるかが変わってきます。
デザインに工夫をしたり、写真にこだわったりして、ユーザーに興味をもってもらいやすくしましょう。

 

アクション導線を散りばめる

アクション導線を作ることについて、作り方の部分で説明しました。このアクション導線をさまばまな場所に散りばめておくことで、購入意欲を上げる方法があります。

商品を紹介した後や、口コミの後、Webページの最後など、アクション導線はさまざまな場所に散りばめることができます。バランスよく配置して、違和感のないライティングページを作りましょう。

 

商品のベネフィットを書く

商品には必ず、ベネフィットが存在します。利用することでどんなメリットが得られるかをユーザーに伝えることで、実際に使用した時のイメージが想像しやすくなります。

ポイントは、何個もベネフィットを書くのではなく、分かりやすく3~5個に抑えることです。提示したベネフィットがユーザーの悩みを解決できるものばかりなら、間違いなく購入意欲が上がるでしょう。

 

読者が想像するFAQを先に記載する

ユーザーは、商品を購入する前に、商品に対する疑問や不安を持つことでしょう。先に、想定される疑問点や問題点と解決策を提示することで、ユーザーに安心感を与えられるため、購入意欲を高める効果が見込めます。

商品を買う際には、どうしようかと迷ってしまうユーザーもいます。先に疑問や不安を解消することが、購入の後押しととなるでしょう。

 

口コミを書く

実際に私用した人の口コミを書いておくことで、効果を伝える方法があります。もちろんここで、嘘の口コミを書いてはいけません。なぜなら、しっかりと利用してもらって生の声を届けることで、現実味が湧いてくるからです。

さらに、購入してほしい顧客層と同じ層の利用者に口コミを書いてもらうことで、より購入するユーザーが増えるでしょう。

 

差別化を図る

現在、世の中には同じような商品が星の数ほどあります。その中で自社の商品を選んでもらうには、他の商品との違いを提示する必要があります。

まずは自社で扱う商品が他の商品と違う部分を洗い出し、そこから差別化を図っていきましょう。そうすることで、自社オリジナル商品として、見ているユーザーに目新しさや、他製品にはないベネフィットを感じてもらえます。

 

LP(ランディングページ)ですべてが決まる

商品を買ってもらうためにLPが存在しますが、第一印象(ファーストビュー)や読み進めていったときの構成で、購入数が変わるといっても過言ではありません。

まずは自社の商品を理解し、それに沿ったランディングページの構成を考えていく必要があります。ユーザーに注目され、かつ見やすいページを作り、成果を上げましょう。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら