Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【文字デザイン】目を引く見出しの作り方


社内/社外への各種資料や文書を作成する時、「見出し」をどうやって作るのか悩んだことはありませんか?チラシ作成やWebデザインにおいても見出しは重要なタイポグラフィ(文字のデザイン)の要素のひとつです。

今回は見出しの作り方と一緒に、2大フォントである「明朝体」と「ゴシック体」の特徴と用途についても解説します。

 

そもそもタイポグラフィとは?どういうデザインのやり方があるの?という方は【入門】デザイン初心者のためのタイポグラフィ基礎知識の記事をご覧ください。

 

見出しは情報伝達における大切な要素

文章の内容をまとめて目立たせたものを「見出し」と言います。

読み手にパっと見ただけで文章の内容について知ってもらうとても大切な要素になるので、文章で何かを伝える時には上手な見出しを作らなければいけません。

では、効果的な見出しとは具体的にどういうものを指すのでしょうか?

 

他の文章よりも大きく太いフォントを使う

本文や他の要素よりも目立たせることで、読み手の印象に残りやすくなります。

 

見出しとそれ以外の空間を空ける

【図解】お客様に伝わる資料の『デザインの基本4原則』近接・整列・コントラスト・反復でも解説しましたが、文字にコントラスト(強弱)をつけることで他の要素との違いを視覚的に明らかにします。

 

文字間隔を調整する

見出しを作るとき、ただその文字を大きくしたり太くしたりすればいいわけではありません。

和文フォントは仮想ボディに収まるようにできています。そのため、文字の大きさがそれぞれ微妙に違うのです。

この事実を踏まえて、文字の間隔を確認してみましょう。文字ごとに左右の幅に違いがあったり、間隔が狭すぎたり、バラつきが意外にも多いことがわかると思います。

見出しは一番最初に読み手の目に入るデザインなので、見出しのデザインのバランスが悪いとそれだけで全体に微妙なイメージを与えてしまいかねません。目立つことが大切な見出しですが、悪目立ちさせては意味がないのです。

 

明朝体とゴシック体の違い

様々な文章に使用される、日本語の書体の代表である明朝体ゴシック体

ふだん当たり前に使っているこの2種類の書体ですが、用途と特徴について理解していますか?見出しに使用することも多い明朝体とゴシック体の特徴と用途について簡単に解説しておきます。

 

明朝体

漢字の基本となる筆文字の楷書を簡略化した書体です。わたしたちの日常生活の様々なシーンで見ることができます。

文字の横の線が太く、縦の線は細くなっています。文字の終わりに「ウロコ」と呼ばれる装飾がつくのが特徴です。文字が小さくなっても可読性が高いことが特徴で、新聞や雑誌などのたくさんの情報を文字で伝えたいときに使われることが多いです。

 

ゴシック体

ゴシック体の特徴は明朝体とほぼ正反対です。

文字の縦・横の太さが均一で線自体が太く、ウロコのような飾りはありません。全体的に角ばったつくりになっています。余分な装飾がないぶん、明朝体よりもパっと見たときの視認性に優れている点が特徴です。そのため、看板などの内容を大まかにひと目で伝えたいときによく使われます。

 

丁寧な作成を心がける

フォントを選び、見出しを一文字ずつチェックし、文字間隔を調整したりコントラストをつけたりフォントを使い分けたり、最後に全体のバランスを確認してまた微調整・・・

 

手間のかかる作業になりますが、見出しは全体のクオリティの肝です。

見出しのデザインを丁寧に、見やすく印象深いバランスのとれたものにするだけで、全体がグッと引き締まり読み手に好印象を与えることができます。

最初は時間をかけてもいいので、一文字ずつ調整を加えていき見出しをブラッシュアップしていきましょう。

 

まとめ

見出しの作り方

・他の文章よりも大きく太いフォントを使う

・見出しとそれ以外の空間を空ける

・文字間隔を調整する

・全体のバランスを考慮し、微調整する

・丁寧な作業を心がける

 

2大フォントの基本

・たくさんの情報を文字で伝えたいときには明朝体

・ひと目で文字の情報を伝えたいときにはゴシック体

今日解説したこれらの情報を参考に、見やすい資料づくりや文書作成、タイポグラフィにチャレンジしてみてください。

 

弊社では、めんどうな資料作成や文書作成、紙面デザインやチラシデザインなどのDTPデザインも承ります!

気になった方は、是非お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら