Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【PC比較】Win対Mac|2019年『売れるデザイナー』を目指すならどちらを選ぶ!?

この記事は2018年12月4日に掲載された『【PC比較】Win対Mac|今『売れるデザイナー』を目指すならどちらを選ぶ!?』を基に加筆・修正しております。


画像制作においてパソコン選びは大変重要です。世に出回っているパソコンの代表格とも言えるのが、MacとWindowsでしょう。これら2つのパソコンが、画像制作において全く別の機能を備えていることはご存知でしょうか。ここでは、画像制作におけるMacとWindowsの違いを説明していきます。

 

画像制作におけるパソコンの選び方

画像制作に適したパソコンはたくさんあります。しかし、実際に購入するとなると、どのパソコンを選ぶべきかを悩んでしまう人がほとんどでしょう。そんな時、どのようにパソコンを選ぶのがベストなのでしょうか。画像制作において大事なパソコンの選び方を順番に説明していきます。

 

スペックが高いものを選ぶ

画像制作において大事なのが、パソコンのスペックです。もっとも重要な項目と言ってもいいでしょう。できる限り高スペックのものを選び、作業効率を上げることを意識することが大切です。
もし低スペックのものを購入してしまうと、途中でフリーズしてしまい、それまでの作業内容がすべて消えてしまうという事態にもなりかねません。性能が悪く作業がはかどらないということも想定できるので、できる限りハイスペックのものを選びましょう。

 

予算内に収まるものを選ぶ

高スペックがいいとは言いましたが、予算を超えてしまうものを選んでも採算が合わない可能性があります。自分の予算に収まるパソコンを選んで、無理のない購入をしましょう。
最近は、低価格で高スペックのパソコンがたくさん出てきています。画像制作において必要なスペックが何かを理解し、そのスペックのみを持ち合わせているパソコンを選べば、そこまで高価格になることはないでしょう。

 

会社内で一番使っているものを選ぶ

会社内で画像制作をしなくてはいけない人の場合は、会社内で使用しているパソコンが何なのかを理解しておく必要があります。なぜなら、同じOSを選ぶことでデータのやり取りがスムーズになるからです。
他にも、コードやアダプタなどが一緒であれば、万が一の状態のときにも備えることができます。できる限り同じものを揃えて、効率よく作業をしていくことを心掛けましょう。

 

画像制作におけるMacとWindowsの違い

パソコンの代表格とも言えるのが、
・Mac
・Windows
です。

高性能でパソコンを扱う多くの人に親しまれているこれら2つのパソコンですが、実は、機能性が全く異なるものです。それぞれどのような機能を持ち合わせているのでしょうか。次は画像制作におけるMacとWindowsの機能をみていきましょう。

 

Macの機能とは?

購入した時点で、画像制作において使える「Illustrator」や「Photoshop」などのソフトが使用できます。デザイナーならMacと言われるくらいなので、画像制作においては最高の機能を持っていると言ってもいいでしょう。

 

Windowsの機能とは?

Windowsには「ペイントソフト」という画像制作ができる機能が備わっています。ただプロが使うツールとしては性能が悪いので、高性能な画像制作ソフトをダウンロードしている人がほとんどです。
最初の購入時点では高性能な機能を持っているとは言い難いWindowsですが、高機能なソフトをダウンロードすることで性能を発揮することができるでしょう。

 

MacとWindowsのメリット・デメリット

画像制作をするうえで、MacとWindowsはどちらも問題なく使えることが分かりました。しかしそれぞれにメリット・デメリットが存在するのも事実です。それぞれのメリット・デメリットを1つずつみていきましょう。

 

Macのメリット

セキュリティに強い
Macを狙ったウィルスは少なく、セキュリティ対策をしやすいというメリットがあります。画像制作においてウィルスは天敵となってしまうので、大事な作品を守りたいときにありがたい機能と言えるでしょう。

デザインが美しい
何よりMacはデザインが美しく、デフォルトフォントが素晴らしいという声が後を絶ちません。作品が汚かったりデザインが悪くなったりという事態を事前に防ぐことが可能です。さらに、高解像度で利用できるので、更なる美しさを演出してくれます。

 

Macのデメリット

価格が高い
価格が高いことは大きなデメリットです。Macは高機能を備えているため、もっとも安いものでも9万円台からです。自分の予算とすり合わせるとなると、購入が難しい人も出てくるでしょう。

Macユーザーが全体の一割しかいない
いくら使いやすいといっても、Windowsの普及率には負けている部分があります。理由としてWindowsに慣れている人が圧倒的に多く、Macは使いづらいというイメージを持っている人が多いことが挙げられます。
Windowsしか対応できないソフトやアプリも多数存在するので、Macが上位に浮上するのはまだ先になることでしょう。

 

Windowsのメリット

Windows専用の画像制作アプリが多い
昔から利用されているWindowsには、専用のアプリが多数存在します。機能性が高いものが多く、高性能なMacに頼らなくても十分利用することが可能です。
画像処理の仕事をしていて「この機能がほしい」と感じたとき、対応できないソフトやアプリはほとんどないでしょう。

予算に合わせてパソコンを選ぶことができる
パソコンを買うときに最初に起こる問題点が、金額面です。しかしWindowsの場合は、高スペックの機能を持ったパソコンを安価で手に入れることが可能です。数多く存在するWindowsパソコンの中から、金額に合った理想のパソコンを見つけることができるでしょう。

自分好みにカスタマイズ可能
画像処理の仕事をするとなると、自分が作業しやすいようにカスタマイズをする人もいます。Macではカスタマイズの際、メモリの拡張が不可であったりと不具合が生じます。それに対してWindowsでは不具合を起こすことなく、自分好みにカスタマイズができます。

 

Windowsのデメリット

文字フォントが拡大すると汚くなる
画像制作の仕事をするときに、大変重要なのが文字です。
デフォルトの文字フォントの綺麗さはMacにどうしても劣ってしまいます。さらに拡大すると文字がつぶれてしまい、全体的に汚くなってしまうというデメリットがあります。

 

用途や予算感など自分の目的に合ったパソコンを選びましょう

MacとWindowsは両方とも画像制作をしていくにあたって問題なく使用可能と言えます。しかし、環境や画像制作をする人の意向によって、どちらを購入するべきかは異なるでしょう。

今回ご紹介したメリット・デメリットを参考に自分に合ったパソコンを見つけてくださいね。


お問い合わせ

本記事内容や「デザイン」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら