Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

【マーケノウハウ】反響率が1%変わるコピーライティング3つの法則


今回のブログですが、
実践すれば売上が確実にあがる情報をお伝えいたしますので、
2分だけでいいのでこの記事を見てみてください!

こんなお悩みありませんか!?

・新規のリストにメールマーケティングを始めたいけど、何を書いたら良いかわからない
・興味を惹くようなコピーライティングができない
・反響率があがらない

この記事がお悩み全て解決します!

この記事では次のようなことを解説します。

・なぜあなたのコピーライティングは効果がでないのか
・コピーライティングのコツ
・最強のキラーワード

今まで口頭レベルで担当者様にコンサルしてきたこの内容ですが、
今回特別に担当者さん達の反響率をあげてきた、そのノウハウを公開します!

全てこの記事があなたの答えを持っています!!

いかがでしたでしょうか。
ちょっとしたストーリーを展開してみました。

でも冒頭の文でちょっとだけなら読んでみようと思った人は少なくないはずです。

私が今まで実践してきたメールテクニックで、
大きく3つのポイントがありました。

反響率が高かった3つの共通のポイント
①冒頭でなぜこのメールを送っているのか、趣旨を書いて1分でも文章を読ませる。
②セグメントしたリストに対して明確な悩みなどのストーリーを展開する
③その悩みに対して何が解決してくれるのかわからせる。

 

書き方はたくさんありますが、
これに尽きるのではないかなと思います。

メールを開いたときに、「ん?」と思わせたら、
もう勝ちです。

また件名も広告っぽくしがちですが、

【シクロ山口より】〜を拝見してメールしました。

などと送ることによって、
「あれどんな件だろう?ちょっと見てみよう。」
という感情を揺さぶります。

開封のハードルを高い確率で越え、
内容を読ませて、アポイントの日程を書くなど、
キラーワード刺すのが鉄板パターンで間違いなしです。

まだこのような展開で試したことがない方。
是非お試しください。

それではまた次回。

シクロマーケティング株式会社
山口 友宏


お問い合わせ

本記事内容や「集客」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら