Blogこれからの働き方をマーケティングで最適化するブログ

「あなたのために」を演出する


さて、こんな記事をみつけました。

▼100種以上の自社広告運用でわかった!バナー広告クリエイティブ4つの基本
http://media.livedoor.jp/ld_directors/archives/51763240.html

弊社でもバナー制作等も行なっているので大変参考になる記事でした。

この記事から分かることはなんでしょうか?

情報はとにかく発信する必要があります。

それは、「見る人」がいて、「見てもらう」ためです。

発信のない情報は存在しないことと同義です。

バナーのクリエイティブに対して、頭をひねらすのもそうした理由です。

はい。

実際に上記のサイトでは、結果の善し悪しまでご報告されていますが、

「良い結果」には共通項がいくつかあります。

その内の一つが「見る人のため」に作っているということ。

基本的にバナーは予期せず表示されます。言い方は乱暴ですが交通事故のようなものです。

その中で、自分たちのものを選んでもらわなければならない。

そうすると、自社の情報を発信すること。というのはもちろん大切なのですが、

それ以上に、たくさんの方(自分たちの情報を見て欲しい人)に見てもらう必要があります。

重ねてになりますが、「情報を発信すること」というのは大事です。とても大事です。

ですが、それと同じかそれ以上に、「見る人に届けること」というのも大事です。

良い結果というのは、須らく、見る人の立場にたって

「あなたのための広告です」ということを届けています。

演劇や音楽でも一緒だと思います。

Webというデジタルな世界だからこそ、こうしたアナログな心遣いやおもいやりというのは大切ですね。


お問い合わせ

本記事内容や「」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら