ご支援事例case study

【家事代行・ハウスクリーニング事業】株式会社ベアーズ 様


株式会社ベアーズ 倉持 剛志 様 小野寺 紀美 様

『”愛する心”を応援する』をコンセプトに、「家事代行サービス」という言葉を創った家事支援業界のリーディングカンパニーとしてトップを走り続ける株式会社ベアーズ様。家事代行サービスやハウスクリーニングで培ったノウハウを活かし、キッズ&ベビーシッター、ビル・オフィス清掃、ホテル客室清掃など、多数の事業を手がけ急成長を続けています。非常にありがたいことに市場の認知拡大につれて、マーケティング活動が複雑になり、その中でもクリエイティブ業務を行うリソースが不足していることを課題に感じておられました。そんなお悩みを解決すべくご導入いただきました、月額定額制のクリエイティブサポートサービス『ミギウデ remote』の導入経緯やこれまでお使いいただいた感想をおうかがいしました。

 

出典:youtube.com

 

ミギウデサービスのご導入のきっかけを教えてもらえますか?

当社は、1999年に業界初の家事代行サービス会社として設立して以降、常に「がんばる女性を応援したい」という思いを胸に1つでも多くのご家庭と社会への笑顔の創出に貢献できるチームを目指しています。

さらなる事業の成長に向けての様々な戦略の見直しを行うタイミングで、バナーの制作などの販促物の制作業務(=ノンコア業務)のために必要な社内リソースが不足していることがわかりました。そこで、外部パートナーを探していたときに御社のメールDMが届いて問い合わせてみたことがサービス導入のきっかけです。

 

他社と比較はしましたか?

クラウドソーシング、業務委託、制作会社など様々なアウトソーシングサービスを比較検討しました。

当初は人を採用することも検討していましたが、採用コストや人材育成にかかる時間を考えると、内製化するのではなく外部パートナーに依頼した方が社内の負担軽減になるという結論に至りました。

 

ご導入に至った一番の決め手は?

業務をアウトソーシングすること自体に時間がかかってしまうことは避けたいと思っていたので、

・月額定額制で様々な業務を依頼できる
・依頼先を一元化することで管理工数を削減できる

上記2点がサービス導入を決めた大きなポイントになりました。

 

ご導入にあたって不安はありましたか?

月額定額制の代行サービスを利用することが初めてだったので、どのようなフローでサービスを利用するのか、使いこなせるかということが不安でした。

また、メインのコミュニケーションツールは案件管理システムCCC(CycloCreativeCloud)の掲示板ということを伺って、本当に掲示板上でのやりとりで上手く指示を出せるのか、細かいニュアンスを伝えることができるのかというところも実際に利用し始めるまでイメージがつきにくかったですね。

案件管理システムCCC(CycloCreativeCloud)

 

実際にはどんな業務をお願いしていますか?

主には下記のような業務をお願いしています。

・バナーデザイン制作
・バナーのリサイズ
・スマートフォンサイト用のアイコン制作
・バースデークーポンバナー制作

 

▼バナーのリサイズ

▼スマートフォンサイト用のアイコン制作

▼バースデークーポンバナー制作

 

継続して使っていただけているポイントは?

当社の求めるクオリティーの制作物を作ってもらえることです。

掲示板上のやり取りがメインではありますが、しっかりとこちらの指示した通りに制作をしてもらっているので当初の不安も解消されました。

依頼のコツや指示の出し方にも慣れ、担当者さんとの関係も構築できたことでフレキシブルにサービスを利用できるようになりました。

 

最後に担当者にひとこといただけますか?

いつも安心して業務を依頼できているお陰で、社内の人材が適切な案件でスキルを発揮できています

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

ご利用企業様紹介

【社名】株式会社ベアーズ

【事業内容】
・家事代行サービス(ロイヤルメイドサービス)
・ハウスクリーニング(ロイヤルハウスクリーニング)
・キッズ&ベビーシッターサービス
・高齢者支援サービス(シニアサポートR60)
・ホテル清掃サービス
・マンションコンシェルジュサービス
・オフィス・店舗・ビル清掃サービス

【URL】https://www.happy-bears.com/

出典:happy-bears.com

この記事は2019年4月のインタビューの内容を元に執筆にしたものです。


お問い合わせ

本記事内容や「ご支援事例」についての
お問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら