CYCLO広報事業局PR

CYCLO広報事務局とは

CYCLO広報事務局ではサービス利用会員に独自取材を行い、
事業活動の近況や世の中の関心が高いと思われる情報を適時CYCLO.JP(http://cyclo.jp/pr)へ公開するとともにプレス発表しております。

【PR秘書】会員インタビュー

2015/11/02 CYCLO広報事務局

「伝承の大阪銘菓”おこし”を通した食育授業」が大阪府より表彰 あみだ池大黒『大阪産(もん)五つの星大賞』を受賞!


CYCLO広報事務局(本部:東京都千代田区、代表:齋藤貢基)では当社サービス利用会員に独自取材を行い、適時CYCLO.JP(https://cyclo.jp/cyclo/pr)に公開しております。本日、「あみだ池大黒、大阪産(もん)五つの星大賞受賞」に関する情報の公開を開始しましたのでお知らせ致します。

1805年(文化2年)創業の菓子店である株式会社あみだ池大黒(本店所在地:大阪府大阪市西区、代表取締役社長:小林隆太郎、URL:http://www.daikoku.ne.jp/ )は、2012年より実施している大阪市立堀江小学校での「おこし」を使った「食育授業」が、大阪府が表彰する平成27年度「大阪産(もん)五つの星大賞」に選ばれました。本大賞の表彰式は11月28日(土)大阪万博公園にて執り行われます。

POINT——————————————————————–

1.あみだ池大黒、2015年度の大阪産(もん)五つの星大賞を受賞
2.11/28(土)「大阪産(もん)五つの星大賞表彰式」開催概要
3.創業200年、伝統の「おこし」を継承しつつ「食育活動」で貢献
4.新たな挑戦、9月オープンの日本初最新NYスイーツ専門店も好調

—————————————————————————

1.あみだ池大黒、2015年度の大阪産(もん)五つの星大賞を受賞

「大阪産(もん)五つの星大賞」は、大阪府が選定した「大阪産(もん)」(※1)の普及啓発やブランドイメージの向上に尽力した優れた活動をキラッと輝く「星」にたとえ、毎年5組を「五つの星」として表彰し、大阪産(もん)のさらなる発展を目指す表彰制度です。平成27年度は応募総数41件中、一次選考(通過20件)、一般公開投票期間を経て大賞が10月初旬に発表され、あみだ池大黒社の「食育活動=身近にあった!大阪産(もん)の魅力、発見授業!」が選ばれました。

■2012年「食育授業」風景の画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/79425/img_79425_1.jpg

(※1)大阪産(もん):大阪府内で栽培・生産される一次産品とそれらを原材料にした加工食品

2.11/28(土)「大阪産(もん)五つの星大賞表彰式」開催概要

大阪産(もん)五つの星大賞表彰事業:
http://www.pref.osaka.lg.jp/ryutai/osaka_mon/itsutsunohoshi.html

今年(平成27年度)の「大阪産(もん)五つの星大賞」の表彰式が11月28日(土)に行われます。
日時平成27年11月28日(土)13:30~14:00(予定)
表彰場所大阪産(もん)大集合 ステージイベント(万博記念公園 お祭り広場)
ゲストハイヒールモモコ、門上武司(あまから手帖編集顧問)、松井知事(予定)※敬称略

3.創業200年、伝統の「おこし」を継承しつつ「食育授業」で貢献

この度のあみだ池大黒社の大賞受賞は、大阪の小学生への「食育授業」を通して、「おこし」の歴史を伝承していく姿勢や活動の継続性を評価されたものです。以下、食育授業に関して広報の上本氏にお話しをうかがいました。

<大阪産(もん)名品(※2) ”おこし”の発祥地(堀江地区)での地域活動>
あみだ池大黒本店では3年前より年1回、本店近隣の大阪市立堀江小学校で「食育授業」を行っています。大阪府環境農林水産部流通対策室の協力で、対象となる4年生(約120名)に「大阪産(もん)」及び「大阪産(もん)名品」についてクイズ等を交えながら楽しく学んでもらっています。生徒は「自分が生まれ育った大阪に、こんなにたくさんの誇れるものがあるんだ!」と、毎回顔を輝かせてくれています。「おこし」は若い世代間での認知度が低くなってきているのが現状ですが、授業の中で大阪の歴史と関連づけて江戸時代から長く愛され続けてきた大阪銘菓「おこし」の魅力を次世代に伝えることは大変重要だと「食育授業」に臨んでいます。昨年度は食育授業の後、”おこし”への興味関心をもった生徒さんや保護者の方があみだ池大黒本店にも52名来店。今後も次世代の方々が大阪への郷土愛を育み、大阪産(もん)名品に愛着を持ち、周りの方々へどんどん発信していただける様に努力して参ります。

(※2)大阪産(もん)名品:大阪府内に主たる事業所を有する事業者が製造した、大阪における伝統若しくは地域性等の個性及び特長がある加工品

■2014年「食育授業」風景の画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/79425/img_79425_2.jpg

<本年度も1月に「食育授業」を開催予定>
本年度も2016年1月14日(木)に“おこし”を使った「食育授業」を堀江小学校の4年生を対象に開催する予定です。

4.新たな挑戦、9月オープンの日本初最新NYスイーツ専門店も好調

あみだ池大黒社は、今年9月より日本初の最新NYスイーツ「ライスクリスピートリート」専門店「マシューアンドクリスピー」を異国情緒漂う神戸元町の大丸神戸店にオープン。開店1か月で当初見込みの2倍を販売するなど好調なスタートをきっています。「ライスクリスピートリート」とは、お米のシリアルをマシュマロで絡めて固めた、サクッとした食感が特徴のケーキの上にチョコレートなどでかわいくデコレーションを施した最新NYスイーツです。

■ショップ概要
店舗名:マシューアンドクリスピー
所在地:大丸神戸店B1内
(神戸市中央区明石町40番地)
■商品概要
商品名:マシュマロクリスピーケーキ
種 類:全8種+カスタムオーダー2種
価 格:1個380円(税抜)より

■最新スイーツ「マシュマロクリスピーケーキ」の画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/79425/img_79425_3.jpg

店頭にお越しの20~30代女性のお客様からは「かわいい!」「プレゼントに良いかもねー」などお褒めの言葉を頂いています。ご試食頂いた方からは「おいしい~」「やわらか~い!」「食べやすい」「ふしぎ~」「しっとり」と新食感に驚きの声を多数頂いています。また、ご年配のお客様の中には「おこしみたいやね」とおっしゃるお客様もおられます。マシューアンドクリスピーを運営するあみだ池大黒がおこしの老舗であることを伝えると「え~!知ってる、知ってる!」「こじゃれたもんするね~」とのお言葉も。ご来店の男性からは「妻に頼まれて買いに来ました」のお声もあります。中でも良く売れているのが「3個箱」(1,200円相当)で、プレゼント用にお買い求め頂くケースも増えています。

■9月大丸神戸店にオープンした「マシューアンドクリスピー」の店頭画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/79425/img_79425_4.jpg

マシューアンドクリスピー公式サイト:http://www.maandch.com/

■構想30年・開発2年、創業200年企業悲願の「柔らかおこし」

創業来200年もの間、あみだ池大黒社で製造・販売する「岩おこし」・「粟おこし」は大阪銘菓として長らく消費者に愛され続けていますが、一方で時代の変化にあわせて様々な商品開発にも挑戦し続けています。なかでも“おこし”の「固さ」への挑戦は、代々引き継がれた大きな課題でした。現代表が30年前から構想し続けていた「柔らかおこし」の実現に向け、社員一同様々な新商品の開発を行っている中、2年前に社員がNYに滞在した際に出合った「ライスクリスピートリート」にヒントを得て、そこから独自のレシピ配合を試行錯誤で繰り返した結果、商品化したのが「マシューアンドクリスピー」です。

■手作りされる「マシュマロクリスピーケーキ」の画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/79425/img_79425_5.jpg

口当たりの良い絶妙な柔らかさの「ライスクリスピートリート」を作るには、繊細なレシピの配合方法と温度管理を必要とします。この作業を支えるのが、200年前から脈々と受け継がれてきた“おこし”作りの工程です。「ライスクリスピートリート」を“おこし”と見立てて、職人が持ち得る限りの知恵と技を出し合い完成させました。出来上がった「ライスクリスピートリート」の上にチョコレートなどをデコレートして行くのは今年入社の新入社員たちです。一品一品、愛情を込めて作り上げる様子は、本場NYの“母の味”を再現する手作りの温かみがあります。

■株式会社あみだ池大黒について

あみだ池大黒は江戸時代半ばの1805年(文化2年)に創業。天下の台所とよばれていた大阪で、「おこし」の製造・販売から事業を開始しました。創業から200年、伝統の「おこし」を改良した商品や、和・洋融合の創作菓子を開発するなど、歴史にあぐらをかくことなく、新しい挑戦を続けています。

■大阪銘菓「岩おこし」と「粟おこし」の画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/79425/img_79425_6.jpg

■会員情報
法人名:株式会社あみだ池大黒
所在地:大阪市西区北堀江3丁目11-26
工場・営業本部:兵庫県西宮市西宮浜1丁目4-1 西宮本社
代表:代表取締役社長 小林隆太郎
創業:文化2年(西暦1805年)
法人設立:昭和26年12月(西暦1951年)
資本金:30,000千円
従業員数:150名(平成27年6月現在)
事業内容:和菓子、洋菓子の製造および販売
営業品目
・和菓子:大阪名物の「粟おこし」「岩おこし」
 米菓、焼菓子、まんじゅう、そばぼうろ等
・洋菓子:チョコレート類、クッキー等
URLコーポレートサイト:http://www.daikoku.ne.jp/
マシューアンドクリスピー公式サイト:http://www.maandch.com/

■CYCLO広報事務局(シクロマーケティング社)について
CYCLO広報事務局を運営するシクロマーケティング(株)では、中小企業に向けてWEBやリアルな媒体を企業のフェイズにあわせて適切に活用する「仕組み作り」(マーケティングライン)支援を行っております。また支援策の一環として、CYCLO広報事務局取材班がサービス利用会員に独自取材を行い、事業活動の近況や世の中の関心が高いと思われる情報を適時CYCLO.JP(https://cyclo.jp/cyclo/pr)へ公開するとともにプレス発表を行っております。

■企業概要
法人名:シクロマーケティング株式会社
所在地:東京都千代田区神田佐久間町2-18 化粧ビル6F
代表者:代表取締役 齋藤貢基
設立:2011年1月11日
資本金:3,000,000円
事業内容
・マーケティングコンサルティング
・新規顧客獲得・見込顧客育成
・広報PR支援
URLhttps://cyclo.jp/cyclo/