はい、こんにちは。

前回でKPIに対する結果から見えてきた課題の設定ができました。
さて、次に考えるべきは、この課題解決のための具体策です。

▼資料請求ページへの遷移率を2倍の10%まであげるには…?

「どうすれば資料請求ページへの遷移率を10%に上げられるか?」

ここでの答えはひとつではありません。
10%に上げるには、様々な戦術が考えられます。

例えば、、、

①現状の資料請求ページ誘導バナーのデザインを変更する
②各ページから資料請求ページへのリンクバナーを設置する
③資料の内容をより魅力的なものに変更する

といったところです。
ここは頭を柔軟にしてディスカッションしてみるといいかもしれません。

若手スタッフさんから良いアイデアが出てくることも意外と少なくないので、
ここはフラットに意見出しができるといいですね。

▼具体的にはいったい何をすればいいのさ?

さて、ここまでで、施策ベースまで落とし込むことができました。
では、行動に落としこむためこれをさらに具体的に考えていきます。

①現状の資料請求ページ誘導バナーのデザインを変更する
②各ページから資料請求ページへのリンクバナーを設置する
③資料の内容をより魅力的なものに変更する

これを具体的な施策に落としこむための質問に変えてみると…

・バナーは何色が良いか?
・バナーサイズはどのくらいが良いか?
・バナーの文字はどんなものがクリックされやすいか?
・各ページからのリンクバナーはどこに設置すると良いか?
・来訪者が欲しくなる資料はどんなものか?

こんな感じです。
ここまで決まればあとは実行あるのみです。

あとは、上記施策を実行し、1ヶ月間回して、
結果を考察し同じサイクルで回していくのです。

これを行えば、間違いなくお問い合わせ数は増加していきます。

はい、これでKPI設定から改善策を回すまでのサイクルができました。

しかしながら、ここでマーケ担当が陥りがちな恐ろしい罠が存在します。
なんだか分かりますか?

次回はその「マーケ担当が陥りがちな罠」について、
お話できればと思います。