CYCLOブログ

うもれた価値を、世界に届ける

【マーケノウハウ】効果が出ない時こそ行うべき検証方法

      2017/08/06

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223_TP_V

こんにちは。
マーケの山口です。

前回はコンテンツの活用方法についての考え方について、
書かせていただきました。

ちゃんと定期的にコンテンツ配信を頑張っていても、
簡単には数字に結びつかないですよね。

「もうコンテンツを作るのはやめようかな・・・」
と考えている方は今回の記事を参考に書き方や発信の仕方を変えてみてはいかがでしょうか?

ターゲティングをする前に

まず、自社の商品について考えてみることが大切です。

・どんな人がその商品を必要としているか
・他者と比べて何が優れているか
・ユーザはどんなことに悩んでいるか

自社のクライアントやリードを見返して、
上記についてもう一度洗い直してみましょう。

「どうやって洗い出すのだろう?」と思った方は下記を実践してみることをオススメします。

・どんな人がその商品を必要としているか
→ペルソナの設定
・他者と比べて何が優れているか
→SWOT分析

ペルソナとは

簡単に言うと、「顧客のプロフィール」です。

商品を使ってほしい、ニーズがありそうな人物像を思い描いて、
性別・年齢・業種・役職・居住地などを書き出しましょう。

改めて挙げてみると、現状アプローチしていた層からのズレや、
どこにプロモーションをかけたらいいか、答えがでてきます。
反響率をあげる近道と言えるでしょう。

SWOT分析とは

サービスのプロモーションをするにあたり、
戦略ややるべきことを洗い出すために用いられる、分析方法です。

下記事項を全て洗い出し、自社の強みを理解した上で100%のメリットを引き出しましょう。

強み(strengths)
弱み(weaknesses)
機会(opportunities)
脅威(threats)

そして自社の強みを明確化させることと同時に、
強みを活かし、機会を得ることを最優先にして取り組めば、
成功へと着実に近づくはずでしょう。

 

さいごに

全ての視点をお客様視点で考えることが一番重要です。
お客様が何をメリットに感じて、何を求めているのか。

それを追求し、様々な施策に取り組んで、
PDCAサイクルをまわしていきましょう。

制作秘書も最初は全然クライアントが増えませんでした。
ですが、上記をちゃんと理解しアップデートしていくことによって、
顧客の創造につながっています。

是非実践することをオススメします。
制作秘書の歩んできた事例についてはまたの機会に記事にしたいと思います。

それではまた次回。

 - ブログ , , ,