こんにちは。
カスタマーサポートの新堀です。

皆様はシェアリングエコノミーという言葉をご存知でしょうか?

欧米などで流行しているこの考え方。
今後日本でもキーワードになっていくと考えられます。

先日の朝礼において、
代表から「中小企業白書」についての話があり、
まさにこれからの時代、
”シェアする”という考え方が主流になっていくという事です。

a8debf2c85499251050262bc12ab4c0d_s

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは、「モノ」や「サービス」などの交換・共有によって成り立つ経済のことです。
スポーツ用品や空き家など、利用頻度の低い一つの資産をたくさんの人で共有すれば、それらを最大限に活用することができます。利用する側は余計なものを所有する必要がなく、お金もスペースも節約できるという考え方が、「エコ」に敏感な現代社会に受け入れられたのでしょうね!

・自転車
・駐車場
・車
・会議室
・使わなくなった物

その他にも色々ありますが、様々なものがシェアするという考えで需要と供給が成り立っています。
どうしてここまで流行っているのでしょうか??

シェアリングエコノミーがはやる3つの理由

1:使っていないものを有効活用できるから
駐車場を所有しているけれど、車は持っていない。家や会議室が余っている……
そういった「利用されていない資産」を有効活用できるのがシェアリングエコノミーの特徴です。
資産を持っていない人は最低限の費用でそれを利用でき、資産を持っている人はそれを有効活用して利益が得られます。まさにWin-Winの関係ですね。

2:値段が安いから
新品を買うのはお金がかかるし、買ったものを保管しておく場所も確保しなければなりません。
そう考えると、使いたいときに使いたい分だけ利用できるシェアリングエコノミーはとても合理的です。

従来から、レンタルショップや中古品販売店はありましたが、ソーシャルメディアの発達によって、そういったお店を仲介することなくユーザー同士が直接やりとりすることができる仕組みが発達しました。
その結果、お店への手数料を払う必要もなくなり、従来より安い値段で必要なものを手に入れることができるようになったのです。

3:エコだから
個人的には、これが意外に重要なポイントなのではないかと思います。地球の資産は限られています。大量生産・大量消費の時代はもう過去のものになったのかもしれません。これからは、今あるものを大切に、有効に利用するという発想が重要です。

制作秘書も・・・

皆様はもうお気づきかもしれませんが、
デザイナー・マーケッターをシェアするサービス
それが、「制作秘書」です!!

単純に「モノ」だけでなく、時間や労働力までシェアするというサービスは
今後も増えていくのではないかと思います。

今後もより良いサービスをご提供できるように
「制作秘書」は日々進化し続けて参りますよ〜!